当記事ではソファベッドの処分に困った方を対象に、主な処分方法と料金相場をご紹介

さらに条件がそろう方以外は、不用品回収業者への依頼がおすすめな理由についても解説していきます。

  • ご自身で部屋からソファベッドを運び出すのが難しい方
  • 引越しを控えていて急いで処分したい方
  • 平日は忙しくて自治体が指定する日時での搬出が困難な方

特に以上のような方は、ぜひ参考にしてください。

 

ソファベッドの処分方法と注意点

ソファベッドの処分方法と注意点

自力で工具を使って解体する

自力でソファベッドを解体し、部屋から運び出しやすいようにして処分する方法です。

まずソファベッドのカバー布をはがし、内部のスポンジを取り出しましょう。

カッターやハサミを使えば案外簡単に解体できます。

作業を進めていくと、木製のフレームや金属のスプリングなどが露出します。

ドライバーを使ってネジを外したり、木製フレームを電動ノコギリなどで解体しましょう。

かなりの労力が必要ですが、ゴミ袋に入る程度に小さくできれば、最小限の処分費用で済みます。

 

注意点

一般的には、危険物などでなければ家庭ごみとして出せますが、自治体のルールに従い必要に応じて分別しましょう。

ソファベッドに使用されている木製フレームや金属類でケガをしないようご注意を

厚手の作業用手袋を使うとケガを防げます。

 

自治体の粗大ゴミで処分する

自治体の粗大ゴミ処分サービスを利用する方法があります。

お住まいの自治体の粗大ゴミ回収サービスの申し込み窓口から、回収を申し込むことができます。

申し込み方法は自治体によって異なります。

電話限定の場合もあれば、メールや専用サイトから申し込み可能な場合もあります。

一般的な回収費用は数百円~千円台なので、比較的安価で処分できるのが利点です。

注意点

回収日時の指定はできない場合がほとんどです

申し込み時に自治体が指定する日時に、自分で家の中からソファベッドを搬出し、家の外や集積所に出す必要があります。

自治体では家の中から搬出してくれません。

ソファベッドにスプリングなどの金属部品が使われている場合、自治体によっては回収NGなことも。

お住まいの自治体の公式ホームページなどで、予め確認しておきましょう。

 

リサイクルショップで買い取りを依頼する

リサイクルショップに持ち込み、ソファベッドを買取ってもらう方法があります。

状態がよいものであれば、次の買い手が見つかりやすく、値段が付く可能性があります。

人気のあるブランドものであれば、高値での買取も期待できます。

注意点

ただし、他人が使用したものなので、どうしても使用感が出てしまいます。

自分ではキレイに維持しているつもりでも、見えないところに傷みやシミなどが見つかるもの。

査定の結果とても安くなる可能性もありますし、買取不可となることも。

せっかく持ち込んだ労力が無駄になってしまうので、買い取り対象になり得るか事前に問い合わせておきましょう。

メーカー名やソファベッドの状態など、詳しい情報を伝えるのが大切です。

 

ニトリやIKEAの引き取りサービスを利用する

ニトリやIKEAなど一部大手家具メーカーでは、購入店で同等品に買い替えるときに、無料で引き取るサービスをおこなってます。

同等品に買い替える予定の方には、うれしいサービスです。

注意点

引き取りが無料の場合と有料の場合があるので、詳細を確認しておきましょう。

また、詳細な引き取り条件の確認も重要です。

例えばニトリでは、

・購入した家具と引取り対象の家具が、購入したものと 「 同数量 」もしくは「同容量 」までの場合

・1注文につき4,400円(税込)でニトリ製品以外の引き取りもOK

ただし、利用に当たって様々な条件があります。

メーカーの公式ホームページを丁寧にチェックしましょう。

 

知人に譲渡する

ソファーベッドが欲しい知人がいれば、譲ってしまうのもよい方法です。

知人が自宅まで受け取りに来てくれるなら、手間も最小限で済むので助かります。

注意点

自力で運び出せない場合は、知人に手伝ってもらうなどの労力がかかります。

自分で持ち運ぶのが難しい大きさの場合は、予め知人に説明しておきましょう。

さらに知人の車に積める大きさかどうか、事前に確認しておくことが大切です。

大きな車でも積載できない可能性があります。

例えば近所のホームセンターで軽トラックを借りるなど、運搬手段についても事前に準備しておくとよいでしょう。

 

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に依頼すると、ソファーベッドも不用品として回収してくれます。

部屋からの搬出から処分まで丸ごとお任せできるので、手間がかからず楽なので助かります。

早朝深夜・土日祝日など利用者の都合に合わせた回収も可能。

急いでいるときやどうしても早朝深夜などにお願いしたいなど、事情があるときにも本当に助かります。

状態が良いものやブランド物など、再利用可能なソファベッドであれば、買取の対象になることも。

注意点

製造メーカーや品物の状態(使用感、劣化度合い、汚れなど)によっては、買い取り対象にならない場合もあります。

買い取ってもらえたらラッキー!くらいに考えておきましょう。

 

何よりも、大きくて重いソファベッドでも部屋からの搬出から処分まですべてお任せ可能。

さらに、こちらの都合に合わせて回収に来てくれる利便性の高さがポイントです。

不用品回収業者の場合、自治体の粗大ゴミ処分サービスよりも費用が高くなることが多いです。

ですが、多少高い費用を払っても利便性の高さには代えられないのではないでしょうか。

 

ソファベッド処分の気になる料金相場

ソファベッド処分の気になる料金相場

ここでソファベッド処分の気になる料金相場について、以下の表に簡単にまとめておきます。

一般に自治体による粗大ゴミ回収費用の方が安いです。

しかし回収日時の指定ができない、即日回収はできないなどの制約があります。

したがって、先のスケジュールを予約できる、自分自身で運び出せるなど条件が揃う方でなければ、不用品回収業者に依頼する方がよいといえます。

【自治体によるソファベッド処分の費用の一例】

自治体名 ソファベッド処分の費用
千葉市 ※スプリング入りの場合、千葉市では処分できません
さいたま市 1,100円~2,200円
東京都23区(例:台東区) 2,000円
横浜市 1,000円~2,000円
川崎市 1,000円

 

【主な不用品回収業者によるソファベッドの回収費用の一例】

※不用品回収業者の場合、キャンペーンや、クーポンなどを使って費用を安く抑えることも可能。ただし単品回収の場合、このほかに出張費など別途費用がかかることがある。詳細は業者に問い合わせを。

不用品回収業者名 ソファベッドの回収費用
A社 3,980円~
B社 3,100円~
C社 3,000円~

 

ソファベッド処分を不用品回収業者に依頼すべき場合とは

ソファベッド処分を不用品回収業者に依頼すべき場合とは

以上、自治体によるソファベッドの処分と、不用品回収業者による回収を比較してきました。

ソファベッドを不用品回収業者に依頼すべきなのは、どのような場合なのでしょうか?

  • 料金だけで比較すると、自治体による粗大ゴミ回収のほうが安い。
  • 急いでいない、自分でも運び出せる大きさ・重さなら、自治体に依頼したほうが安く済む場合が多い。
  • 運び出しの手間や、利用者の都合に合わせて回収してくれる点を踏まえると不用品回収業者に軍配が上がる。
  • ブランドものや比較的新しいものであれば、買取対象になることも。
    その場合は処分費用がもっと安くなり、自治体による粗大ゴミ回収よりも結果的に安くなる可能性もある。こういった場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめ。

結論としては急いでいない、自分でも運び出せる、スケジュールは自治体指定でOKなど、条件がそろう方なら自治体の粗大ゴミ回収がおすすめ。

それ以外の方は、不用品回収業者への依頼がおすすめとなります。

【関連記事】片付けに関する過去記事はこちら!

【関連記事】お得な積み放題プランで有名な業者ランキング!

 

ソファベッド処分にお困りなら粗大ゴミ回収本舗へご相談を!

ソファベッド処分にお困りなら粗大ゴミ回収本舗へご相談を!

ソファベッド処分を自治体に依頼すると安く済ませられるものの、どうしても都合が合わない、重くて大きいので自分では運び出せないなど、条件に合わない方も多いのが実際のところ。

こういった場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

すべてお任せできるので、面倒なことは気にしなくてもOK。

何よりも、利用者のスケジュールに合わせて回収に来てくれるメリットは大きいといえます

不用品回収業者のなかでも、安心安全で、利用者の満足度が高くて、サービスの質の高さで評判の業者が「粗大ゴミ回収本舗」です。

ソファベッド処分にお困りの方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗へご相談ください。

お客様のご要望にあわせた最適なプランをご提案いたしますので、無料の見積を依頼してみてください。

粗大ゴミ回収本舗への相談はこちらからCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA