電化製品は粗大ゴミ回収?リサイクル回収?正しい処分方法を解説

 

使用済みの電化製品は法律上、次の4種類に分けられます。

  • 粗大ゴミ
  • 小型家電
  • 家電4品目(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機)
  • パソコン

 

このうち家電4品目とパソコンは、自治体では処分できません。

※詳しくはこちら(自治体が回収できない電化製品の処分方法)

 

処分の仕方も、粗大ゴミ回収、不燃ゴミ回収、リサイクル回収など、品目によって様々です。

そこで本記事では、電化製品の正しい処分方法を詳しく解説しています。

 

自治体が回収できる電化製品の処分方法

自治体が回収できる電化製品の処分方法

 

自治体が回収できる電化製品は、粗大ゴミと小型家電の2種類です。

  • 粗大ゴミ
    1辺の長さが30cm以上(または50cm以上)の電化製品

    ※家電4品目とパソコンを除く
  • 小型家電
    小型家電リサイクル法によって指定されている電化製品

それぞれの処分方法を詳しく見ていきましょう。

 

粗大ゴミの場合

電子レンジやストーブなど、中型以上の電化製品は粗大ゴミに分別されます。

処分方法は2つあり、料金はいずれも有料です。

 

1つ目は粗大ゴミ回収サービスです。

自治体に事前予約を入れることで、収集車が自宅まで粗大ゴミを回収しに来てくれます。

 

2つ目はゴミ処理施設への持ち込みです。

この方法では、自治体や施設ごとにルールが異なる点にご注意ください。

  • 燃える粗大ゴミは持込可だが、燃えない粗大ゴミ(電化製品)は持込不可
  • 特別な事情に限り持込可(例:引越しで大量のゴミが出た)

こうしたルールが設けられている場合、電化製品を持ち込むことはできません。

 

小型家電の場合

小型家電とは、小型家電リサイクル法によって指定されている約400品目のことです。

ケーブルや充電器などの付属品も含め、一般家庭で使用するほぼ全ての電化製品(※)が対象となっています。

※粗大ゴミと家電4品目は除く。パソコンはノートブックのみ対象

 

最初の方法は不燃ゴミ回収です。

透明もしくは半透明のゴミ袋、または自治体の指定袋に小型家電を入れて、不燃ゴミの日に出してください。

町内の資源ゴミ集積所に設置される回収コンテナに捨てることも可能です。

 

次は小型家電回収ボックスです。

市役所や図書館、スーパーや家電量販店などに設置されており、規定サイズ内であれば小型家電を捨てることができます。

 

小型家電にはレアメタルが豊富に含まれており、回収後はリサイクル処理が行われ、有効的に再利用されます。

不燃ゴミに出した場合でも適切にリサイクルされるので、都合のいい方法を選んでください。

 

 

電化製品の粗大ゴミ回収サービスを比較解説

電化製品の粗大ゴミ回収サービスを比較解説

 

粗大ゴミ回収は自治体だけでなく、民間業者に頼むこともできます。

民間業者:家電量販店、引越し業者、粗大ゴミ回収業者など

ここでは料金とサービス内容の視点から、自治体と民間業者を比較しています。

 

自治体の粗大ゴミ回収

自治体の料金は、この次に紹介する民間業者よりも安いのが特徴です。

電子レンジ等の小さな粗大ゴミであれば、100円~1,000円

電子ピアノ等の大きな粗大ゴミであれば、1,000円~3,000円が目安です。

 

やり方は予約を入れて、コンビニ等で粗大ゴミ収集シールを購入し、収集日に粗大ゴミを家の前に出します。

あとは収集車がやってきて、粗大ゴミを回収するという仕組みです。

 

注意したいのは、粗大ゴミを家の前まで運ぶ必要があるという点です。

電子ピアノやマッサージチェアなど、サイズが大きい場合は危険を伴います。

 

その他にも、

  • 処分できない品目が多い(例:家電4品目、パソコン、事業系粗大ゴミ)
  • 一度に申し込める粗大ゴミは10個まで
  • 予約から回収までは1週間~1ヶ月。引越しシーズンや年末年始は混雑する

といったデメリットが存在します。

 

【関連記事】粗大ゴミの運び出しにお困りの方はこちら

粗大ゴミの運び出しに困った人必見!対処法を徹底解説します

 

民間業者の粗大ゴミ回収

家電量販店、引越し業者、粗大ゴミ回収業者などに粗大ゴミ回収を頼むことができます。

このうち家電量販店と引越し業者は、粗大ゴミは回収不可、という所が多いので要注意です。

 

粗大ゴミ回収業者ならば、粗大ゴミを含むほぼ全ての電化製品を回収できます。

分別も運搬も任せられるので、手間と時間が掛かりません。

自治体とは異なり、家の中から粗大ゴミを運んでくれます。

 

料金は、小さな粗大ゴミならば1,000円~2,000円

大きな粗大ゴミならば、2,000円~5,000円+追加料金(運搬費等)がおおよその目安です。

ただし粗大ゴミ回収業者のパックプランを利用すれば、単品回収よりも料金が安くなる場合があります。

 

自治体が回収できない電化製品の処分方法

自治体が回収できない電化製品の処分方法

 

自治体は、家電4品目とパソコンを回収していません

  • 家電4品目
    テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機
  • パソコン
    デスクトップ・ノートブック・ディスプレイ・ディスプレイ一体型

 

どちらも法律によって、リサイクル回収が義務付けられています。

本項目ではリサイクル回収の方法について解説しています。

 

家電4品目の場合

処分方法は主に3つです。

いずれの方法も、消費者はリサイクル料金と収集運搬料金という法律で定められた費用を負担する必要があります。

料金相場は、3,000円~8,000円+追加料金となっています。

 

1.家電量販店に回収してもらう

  • 家電を新しく買い替える
  • 処分する家電をその店で購入した

こうした場合、ヤマダ電機等の量販店に回収を頼めます。

エディオン等の一部店舗では、購入の有無に関わらず、無条件で家電4品目を回収しています。

 

2.指定引取場所に持ち込む

指定引取場所とは、家電量販店とリサイクル処理施設を結ぶ中継地点のことです。

購入店が不明な場合、ここに家電4品目を持ち込むことができます。

家電を運ぶ必要はありますが、収集運搬料金は不要です。

 

3.粗大ゴミ回収業者に回収してもらう

購入店が不明でも利用でき、しかも家電を運んでくれます。

料金は家電量販店とほぼ同額ですが、パックプランならば費用が安くなる場合があります。

 

パソコンの場合

パソコンも、家電量販店や粗大ゴミ回収業者に回収を頼めます。

その他にもリネットジャパンの宅配回収という方法があります。

 

これはリネットジャパン株式会社による国認定の回収サービスで、料金は無料(※)です。

ダンボールにパソコンを入れて、予約を入れれば、佐川急便が自宅まで取りに来てくれます。

※ディスプレイ単体の場合は税込1,650円

 

料金が無料なのは、小型家電と同様にレアメタルが豊富に含まれているためです。

家電量販店などでも、無料で引き取ってもらえる場合があります。

 

 

電化製品の買取|粗大ゴミ回収よりもお得な処分方法

電化製品の買取|粗大ゴミ回収よりもお得な処分方法

 

 

 

家電4品目の処分は、リサイクル料金を払わなければなりません。

 

そんな時は家電4品目を買い取りに出して、費用を節約してみましょう。

製造後7年~10年以内の家電であれば、家電量販店やリサイクルショップ、粗大ゴミ回収業者などに買い取りに出せます。

 

年式が古い家電は、買取額が100円ということもあります。

しかし、買取ならリサイクル料金を支払う必要がないため、実質的には数千円お得な計算です。

 

 

電化製品の処分に適した粗大ゴミ回収業者の選び方

電化製品の処分に適した粗大ゴミ回収業者の選び方

 

専門業者は自治体の粗大ゴミ回収とは違い、1週間~1ヶ月も待つ必要はありません。

家電量販店や引越し業者とは違い、あらゆる電化製品を回収できます。

 

ですが粗大ゴミ回収業者は数が非常に多く、どこに頼むべきか悩みがちです。

そこで本項目では、業者比較で見るべきポイントについて解説しています。

 

その1|電化製品の買取を行っている

買取を行っている業者ならば、

  • 買取できる物は換金
  • 買取できない物は処分

と、臨機応変な対応が可能です。

 

一般的な粗大ゴミ回収業者ならば、買取サービスを利用できます。

しかし公式サイトを持たず、比較サイトだけに掲載されているような小規模業者だと、買取サービスの有無はまちまちです。

 

その2|追加料金が一部無料

まずチェックしたいのは階段料金です。

これは家電4品目など、大きな電化製品を2階以上から1階に降ろす時に発生します。

階段料金の目安は、1,000円~3,000円/階となっています。

 

次は作業員の追加料金です。

作業員が2名以上となる場合、追加料金が発生する業者もいます。

大抵は階段料金とセットで発生するので、その場合は追加料金だけでも相当な額に上ります。

 

業者を比較する時は、

  • 階段料金は2階まで無料
  • 作業員は2名まで無料

という言葉に注目してみましょう。

これは優良業者の公式サイトではよく用いられている文言で、業者探しの目安として非常に有効です。

 

その3|トラックに積める体積が多い

「トラック積み放題」のようなパックプランですが、際限なくゴミを積めるわけではありません。

道路交通法によると、軽トラックの荷台からはみ出してもよい高さは2.5mまでです。

 

さらに一部業者では、1.3mまで、1.7mまでと、独自の高さ制限を設けている所があります。

制限を超えたら、追加料金が発生するという仕組みです。

 

少数の電化製品ならば特に問題はありません。

ですが大量の不用品を処分したい方は、1.5tトラック、2tトラックなどの大きなトラックを保有している業者に頼むといいでしょう。

 

 

電化製品を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

電化製品を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

 

粗大ゴミ回収本舗では、関東を中心に電化製品の回収と買取を行っています。

粗大ゴミ、小型家電、家電4品目、パソコン、どんな電化製品もお任せください。

可能であれば、高値買取で引き取らせていただきます。

 

パックプランの「軽トラックのせ放題」は、14,800円から

徹底した経費削減により、業界最安値を実現しています。

階段料金は2階まで無料、作業員は2名まで無料と、追加料金を最小限に抑えることが可能です。

 

粗大ゴミ回収本舗のお見積りはこちらCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA