作業員待機中

03時25分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

不要な食器の処分方法と費用!素材別の捨て方や注意点も紹介

2024.05.01

本記事では不要な食器の処分方法について紹介します。

食器は毎日使用するものですが、不要になるケースもあるでしょう。

その際に、どのような処分方法があるのかを把握していると、スムーズに片付けを進められるはずです。

また、本記事では食器を処分する際の費用相場や注意点なども紹介します。

不要な食器を処分したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

top transition banner

不要な食器の処分方法

不要な食器の処分方法

まずは、不要な食器の処分方法を5つ見ていきましょう。

不用品回収業者に依頼する

不要な食器は、不用品回収業者に依頼することで処分できます。

不用品回収業者は、家の中にある不要なものを回収しているサービスです。

食器の処分を不用品回収業者に依頼するメリットは、自宅まで引き取りにきてもらえることです。

自分で移動する手間がかからないので、あまり時間がない方でも安心して任せられるはずです。

また、不用品回収業者は、一度に回収する品目数に制限がありません。

大量の食器があったり、食器以外に回収してもらいたいものがあったりするケースでも一度にまとめて処分してもらえます。

不用品回収業者の中には、即日対応や時間指定での回収を行っているところもあるので、まずは気軽にご相談してみても良いでしょう。

関連記事
  • NEWS

    粗大ゴミ回収業者はどうやって選ぶ?失敗しない選び方のポイント

    家電や家具を処分した…

    2019.11.11

    2019.11.11

    続きを読む

自治体のゴミ回収に出す

自治体のゴミ回収サービスでも、不要な食器を処分できます。

サイズが小さいものは一般ゴミ、大きいものは粗大ゴミの扱いになります。

一般ゴミとして出す場合は、燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミなどのように分別が必要です。

分別ルールは自治体によって異なるので、ご自身が住んでいる地域のルールを確認してみましょう。

粗大ゴミとして処分する場合は、事前予約が必要なケースが多いです。

予約時に処理に必要な費用を教えてもらえるので、費用分のゴミ処理券を購入して食器に貼り付けます。

そして、当日になったら指定場所に運搬することで、食器を処分してもらえます。

粗大ゴミは事前に予約しないと回収してもらえないので、早めに手続きを進めましょう。

リサイクルショップで売却する

不要な食器がまだ使える状態なら、リサイクルショップで売却できます。

本来であれば捨てるはずであったものが、無料もしくは売れたら自分のお金になるので非常にお得でしょう。

リサイクルショップの中には、持ち込み買取・出張買取・宅配買取などを行っています。

ご自身に合う方法を選択して買取に出してみましょう。

ただし、買い取ってもらえる食器は基本的に新品未使用なもののみになります。

使用済みのものは買い取ってもらえない可能性が高いので注意が必要です。

フリマアプリ・ネットオークションに出品する

不要な食器を売却したいなら、フリマアプリ・ネトオークションに出品する方法もあります。

フリマアプリやネットオークションは、サービスを通して個人間で取引をする仕組みです。

お互いが納得する金額であれば取引が成立するので、リサイクルショップよりも高値で売れる可能性があります。

ブランド品の食器であれば、かなり高額になるケースもあるため、試しに出品してみても良いでしょう。

ただし、フリマアプリやネットオークションは、出品したからといって必ずしも売れるとは限りません。

さらに、写真撮影や説明文の記載、配送手配などを行わなければならず手間がかかります。

友人・知人に譲る

まだ使える食器を処分する際は、友人や知人に譲る方法もあります。

自宅まで取りにきてもらえると無料で処分することが可能です。

引越し後は、食器を必要とするケースがあります。

そのような方が周りいれば、声をかけてみると意外にもほしいと言われるかもしれません。

食器を捨てる前に、一度周囲に確認してみましょう。

食器を処分する費用相場

食器を処分する費用相場

食器を処分する際は、選択する方法によって費用が異なります。

自分の予算に合う処分方法を選びましょう。

処分方法 費用相場
不用品回収業者 数百〜数千円
自治体 無料〜1,000円
リサイクルショップ 無料(売却可)
フリマアプリ・ネットオークション 売却可
友人・知人 無料(配送する際は配送料)
関連記事

食器を処分する際の注意点

食器を処分する際の注意点

続いて食器を処分する際の注意点を紹介していきます。

適切な分別をする

食器を処分するなら適切な分別を行わなければなりません。

特に自治体のゴミ回収サービスを利用する際は、分別しないと回収してもらえない可能性があります。

食器を捨てる前に、どのような素材で作られているのか確認しましょう。

割れた食器は怪我に気をつける

不要な食器の中には、割れてしまっているものもあるでしょう。

しかし、割れた食器の断面は非常に鋭利です。

少し触れただけでも怪我をする恐れがあるので、扱いには注意してください。

割れた食器を片付ける際は、直接手で触れず手袋をしたり、ほうきを使ったりしましょう。

鋭利なものは紙に包む

割れた食器を捨てる際は、紙に包んでからにしましょう。

鋭利な状態で捨てようとすると、ゴミ袋が破けてしまったり、片付けをする他の人が怪我をしたりする可能性があります。

他の人に迷惑をかけることになるので、注意してください。

食器の素材別の捨て方

食器の素材別の捨て方

最後に食器の素材別の捨て方を見ていきましょう。

陶磁器・ガラス製の食器

一般的な食器は、陶磁器・ガラスで作られています。

自治体では、基本的に燃えないゴミ(不燃ゴミ)として処分します。

陶磁器・ガラス製の食器は、割れやすくなっています。

処分の過程で割れないようにするため、厚紙や新聞紙で巻いて割れにくくしてから捨てましょう。

さらに、ゴミ袋の中身がわかるように「ワレモノ」「危険」といった記載をして処分に出してみてください。

金属製の食器

食器の中には、ステンレス・アルミニウム・チタンなどの金属で作られているものがあります。

金属製の食器は、燃えないゴミや資源ゴミ、金属ゴミとして処分が可能です。

分別ルールは各自治体によって異なるので、確認した上で処分しましょう。

ナイフやフォークなどの鋭利なものは、厚紙や新聞紙で巻いてから捨ててみてください。

木製・紙製の食器

木製・紙製の食器は、燃えるゴミとして処分が可能です。

自治体のゴミ回収サービスを利用する際は、他の燃えるゴミと一緒の袋に入れて処分しましょう。

プラスチック製の食器

プラスチック製の食器は、基本的に燃えるゴミとして捨てられます。

燃えるゴミの袋にそのまま入れて捨てましょう。

ただし、自治体によっては資源ゴミの扱いになるケースもあるので確認してみてください。

サイズが大きい食器

サイズが大きい食器は粗大ゴミとして処分することになります。

自治体ごとに一辺が30cm以上のように基準が設けられています。

粗大ゴミは事前予約が必要であり、予約を忘れてしまうと回収してもらえません。

また、自治体によって週に1回、月に1回のように回収頻度が異なります。

一度回収を逃してしまうと、かなり後になってしまうので注意しましょう。

大量の食器を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

大量の食器を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

https://sodaigomi-kaishu.com/

ここまでに食器の処分方法や費用相場などを紹介しました。

複数の処分方法があるので、自分に合うものを選択して処分しましょう。

大量の食器を処分することになったら「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

粗大ゴミ回収本舗は、分別や搬出不要で深夜や早朝など24時間対応しています。

お客様の都合に合わせて、すぐに処分できるようになっています。

また、一度に回収できる数に制限がありません。

大量の食器があったとしても、一度にまとめて処分が可能です。

詳細は、以下の無料お見積りからいつでもご相談ください。

>>>粗大ゴミ回収本舗への無料お見積りはこちら!

食器の処分に関するよくある質問

  • Q食器以外の不用品も片付けたいのですが回収可能ですか?

    Aはい回収可能です。
    不用品回収業者は、基本的に一度に回収できる品目数に制限がありません。
    1点はもちろん、一軒家丸ごとまで幅広く対応しています。

    なお、多くの不用品回収業者では、定額パックを提供しています。
    定額パックは、トラックにのせられる範囲であれば追加費用がかからず不用品を回収するサービスです。
    これを使うことで、大量の不用品があってもお得に処分できます。

  • Q食器の処分にはどのくらいの費用がかかりますか?

    A不要な食器の処分にかかる費用は、処分を依頼する業者により異なります。
    自治体の一般ゴミなら無料、粗大ゴミとして捨てるなら数百円程度です。
    一方で不用品回収業者に依頼するなら数千円はかかります。

    処分費用のみに注目すると自治体のほうがおすすめですが、時間の制約が多く不便に感じることがあります。
    そのような方は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

  • Q食器の処分で注意することはありますか?

    A食器を処分する際の注意点は以下の通りです。

    ・計画的に余裕を持ったスケジュールで捨てる
    ・基本的に費用がかかる
    ・料金相場を把握しておく
    ・怪しい不用品回収業者に依頼しない

    特に不用品回収業者に依頼する場合、悪質な業者とのトラブルが絶えず報告されているので注意しましょう。

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER

先週は 668件 のお申し込みがありました。