作業員待機中

04時29分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

掃除機を処分する方法7選!捨てる費用や注意点も解説

  • 処分

2023.06.02

2023.08.25

本記事では掃除機を処分する方法を紹介します。

掃除機は小型家電リサイクル法の対象となっているため、適切に処分しましょう。

さらに捨てる際の費用相場や注意点などもそれぞれの方法ごとに紹介いたします。

これから掃除機の処分を考えている方は、本記事を参考に処分してください。

top transition banner

掃除機は小型家電リサイクル法の対象品目

掃除機は小型家電リサイクル法の対象品目

掃除機は小型家電リサイクル法の対象となるため、適切な方法で処分する必要があります。小型家電リサイクル法は2013年4月1日から施行されており、使用済小型電子機器等の再資源化を促進する法律です。

家電製品には金属やその他の有用なものが部品に使われています。収集された資源は分解され別の原材料として再利用されています。

冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビの家電リサイクル法とは異なり、小型家電リサイクル法の対象製品は収集運搬料が徴収されません。

掃除機を処分する方法7選

掃除機を処分する方法7選

掃除機を処分する方法として以下が挙げられます。

  • 自治体の粗大ゴミに出す
  • 分解して自治体の不燃ゴミに出す
  • 家電量販店の回収サービスを利用する
  • 買い替え時に家電量販店で下取りに出す
  • リサイクルショップで売る
  • フリマサイト・オークションに出品する
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれ見ていきましょう。

1.自治体の粗大ゴミに出す

掃除機を自治体で処分する際は粗大ゴミとして出すことになります。定義は自治体によって異なりますが、一辺が30cm以上であることが一般的です。掃除機はサイズが大きいので粗大ゴミに該当します。

粗大ゴミは可燃ゴミや不燃ゴミなどとは異なり、自治体ごとに回収費用が設定されています。

また、回収を依頼するには事前予約が必要です。粗大ゴミ回収サービスを利用するなら、自治体の窓口に連絡して予約を取りましょう。

ただし、自治体の回収サービスは即日対応していません。最低でも予約をしてから1週間は時間がかかるため、処分する際は早めに予約をしてみてください。

2.分解して自治体の不燃ゴミに出す

掃除機は分解してサイズを小さくすれば自治体の不燃ゴミとして処分が可能です。

回収スケジュールは週1回や月1回など自治体ごとに異なります。不燃ゴミとして出す際はスケジュールを確認した上で、指定のゴミ袋に掃除機を入れて処分に出してみてください。

ただし、掃除機は自分で分解できますが、分解できる部分が限られています。全てを小さく分解することは困難であり、分解するまでに時間がかかることに注意しましょう。

3.家電量販店の回収サービスを利用する

家電量販店では有料で小型家電の回収を行っています。

例えば、家電量販店ごとの回収料金は以下のとおりです。

店頭持ち込みや訪問回収などを行っており、指定日を気にせず処分を依頼できます。訪問回収を依頼する際は別途出張費用が必要です。

ただし、店頭持ち込みを利用する場合は、自分で掃除機を持っていかなければなりません。運搬する手間がかかることに注意してみてください。

4.買い替え時に家電量販店で下取りに出す

家電量販店では新品の掃除機を購入する際に、古いものを下取りに出せます。無料での引き取りや購入費用を割り引いてもらえるなど、店舗によって対応が異なります。

掃除機の買い替えを考えているなら、一度下取りに出してみましょう。

5.リサイクルショップで売る

まだ使用できる掃除機はリサイクルショップで売却できる可能性があります。掃除機は日常生活の中で欠かせないものであり、需要がある製品です。処分費用がかからず、廃棄するものを換金できるのでお得に処分できます。

なお、リサイクルショップでは必ずしも売却できるとは限りません。ものによっては買取価格がつかなかったり、買取を拒否されたりする可能性があります。

6.フリマサイト・オークションに出品する

掃除機を売却する方法には、フリマサイトやオークションの利用もあります。

フリマサイトは自分で販売価格を設定できるのが特徴です。需要があるものであれば買い手を見つけやすいため、希望価格で売却できる可能性があります。

また、オークションは需要があるほど入札額が高くなり、思わぬ高い価格で売れるかもしれません。

フリマサイト・オークションを利用する際は、写真撮影や商品説明の記載、購入者とのメッセージのやり取りなどを行う必要があります。さらに、発送する際は梱包をしなければならず、売却に手間がかかります。

7.不用品回収業者に依頼する

掃除機は不用品回収業者に依頼することでも処分が可能です。掃除機1点のみを処分するのはもちろん、他の不用品も一緒に処分できます。

不用品回収業者は即日や時間指定などに対応しています。自治体を利用するなら回収に時間がかかりますが、不用品回収業者を利用するとスムーズに掃除機を処分できます。

処分には費用がかかるので、事前に相談してみてください。

関連記事

掃除機を処分する費用

掃除機を処分する費用

掃除機を処分する際に気になるのが必要な費用です。処分方法ごとに費用が異なるので、把握した上でどのように片付けるか検討しましょう。

処分方法 費用相場
自治体の粗大ゴミに出す 500〜1,000円
分解して自治体の不燃ゴミに出す 無料
家電量販店の回収サービスを利用する 500〜1,000円
買い替え時に家電量販店で下取りに出す 無料(割引の可能性有)
リサイクルショップで売る 売却できる
フリマサイト・オークションに出品する 売却できる
不用品回収業者に依頼する 3,000円

掃除機を処分するときの注意点

掃除機を処分するときの注意点

掃除機を処分するなら以下に注意しましょう。

  • 自治体のルールに従う
  • コードレス掃除機はバッテリーを外す

それぞれ解説していきます。

自治体のルールに従う

掃除機を処分する際に自治体を利用するなら、ルールに従う必要があります。ゴミの種類ごとに細かく分別されており、適切なゴミとして出さなければ回収してもらえません。

自治体によってルールが異なるので、事前に確認してみてください。

コードレス掃除機はバッテリーを外す

充電器が付属しているコードレス掃除機は、バッテリーを外した状態で粗大ゴミや不燃ゴミとして出さなければなりません。バッテリーが破損・変形すると、発火する恐れがあるからです。

事故を防ぐために掃除機のバッテリーは外してから処分しましょう。外したバッテリーは市役所やホームセンターなどに設置されている「リサイクルボックス」に入れます。

掃除機を高い価格で売却するコツ

掃除機を高い価格で売却するコツ

掃除機を高い価格で売却したいなら、以下のコツを意識しましょう。

  • 本体を綺麗にする
  • 付属品を揃えておく

売却する際の参考にしてみてください。

本体を綺麗にする

掃除機に限りませんが、売却時は綺麗な状態ほど高値がつきやすくなります。濡れたタオルを使って本体についた汚れを落としましょう。

さらに、本体だけでなく内部や吸込口も掃除しておくと、高く売却できる可能性があります。

付属品を揃えておく

掃除機は本体だけでなく、付属品の有無によって査定に影響があります。

売却する際はノズルや取扱説明書などの付属品を揃えておきましょう。

掃除機を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

掃除機を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

https://sodaigomi-kaishu.com/

粗大ゴミ回収本舗の定額パックプランは業界最安値クラスです。トラックの大きさごとにプランを用意しており、載せられる範囲であれば追加費用がかかりません。

掃除機1点はもちろん、大量の不用品があってもお得に処分できます。

また、不用品の処分だけでなく買取にも対応しています。家電製品を高価買取を行っているので、気軽にご相談ください。

掃除機の処分を検討しているなら、ぜひ粗大ゴミ回収本舗」で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

>>>粗大ゴミ回収本舗の無料お見積りはこちら

粗大ゴミ回収本舗
Average rating:  
 0 reviews

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER
  • 産業廃棄物収集運搬業許可証

  • 特定遺品整理士認定登録証

  • 事件現場特殊清掃士認定証

  • 古物商許可証

保有許可証一覧

先週は 749件 のお申し込みがありました。