本記事では廃材処分費やコストを抑える方法について解説します。

建物の解体やリフォームなどで発生した木くずやコンクリートなどの廃材は、引き取りを依頼すると、料金が高額になってしまう可能性があります。

廃材処理の料金相場や節約方法を把握していると、お得に処理を行えます。

廃材処分料金とは

廃材処分料金とは

廃材処分料金とは、建物の解体やリフォームで発生した廃材(廃棄物)を運搬・処理するための料金です。

建設業者や解体業者などに解体工事を依頼して発生した廃棄物は、産業廃棄物(産廃)分類されます。

自治体の回収サービスでは、産業廃棄物の処理に対応していないケースが多く、専門業者に依頼するのが一般的です。

廃材処理を行うには、特別な許可が必要になるため、処理費用が高額になる可能性があります。

廃材処分の料金相場

廃材処分の料金相場

続いて、廃材処分の料金相場を紹介します。

廃材処分料金

廃材処分料金は、1立方メートルあたり3,000〜8,000円が相場です。廃材処理場までの運搬費用は含まれておらず、廃材を処理する費用です。

料金は廃棄物の種類やによって異なるため、詳しい料金は専門業者に確認してみてください。

運搬料金

運搬料金は、廃材を処理場まで運搬するトラックの料金です。2tトラックで約13,000〜15,000円、4tトラックで約25,000〜30,000円が運搬料金の相場です。

廃材は品目ごとに処分することが定められており、現場と処理場を何往復もする場合は追加費用が発生する可能性があります。

【品目別】処分料金

品目別の廃材処分料金を紹介します。あくまで目安ですので、依頼する際の参考にしてみてください。

紙くず 3,000〜7,000円/㎥
木くず 3,000〜8,000円/㎥
繊維くず 4,000〜8,000円/㎥
がれき類 3,000〜12,000円/㎥
燃え殻 20,000〜30,000円/㎥
汚泥 15〜50円/kg
廃油 5〜100円/kg
廃プラスチック類 4,000〜8,000円/㎥

廃材処分の料金を抑える方法

廃材処分の料金を抑える方法

廃材処分の料金は、高額になりやすくなっています。料金を抑える方法を把握していると、お得に処分を依頼可能です。

廃材処分の料金を抑える方法は、以下の通りです。

  • 自治体の回収サービスを利用する
  • 買取サービスを利用する
  • 回収ボックスを活用する
  • 不用品回収業者で相見積もりを取得する
  • 残置物を処分しておく
  • 庭の掃除をする
  • DIYに再利用する

順番に見ていきましょう。

自治体の回収サービスを利用する

一般廃棄物(家庭ごみ)がある場合は、自治体の回収サービスを利用しましょう。自治体の回収サービスは、産業廃棄物に対応していませんが、一般廃棄物は処分してもらえます。

自治体を利用する場合、無料でゴミを回収可能です。粗大ゴミは処分に数百〜数千円かかります。

建物の解体工事やリフォームを行う際に、廃材に加えて、缶やびん、生活雑貨、家電、家具などの一般ゴミがあると処分料金が高額になります。

自治体で一般ゴミを処分しておけば、廃材の処分費用を削減可能です。

買取サービスを利用する

建物の解体を行う際に、不用品(家電、家具など)が出たら買取サービスを利用するのも方法の一つです。

買取サービスを利用して商品を買い取ってもらうと、捨てるはずだった不用品をお金に換えられます。買い取ったお金を廃材の処分費用にあてれば節約できます。

リサイクルショップでは、持ち込みや出張などで査定してもらえるため、ご自身に合う方法で依頼してみてください。

ただし、買取サービスは高額で売れる可能性が低くなっています。少しでも高値で売りたい場合、出品や梱包、発送などの手間がかかりますが、フリマアプリ・インターネットオークションの利用がおすすめです。

回収ボックスを活用する

一般ゴミの中にリサイクルできるものがあれば、回収ボックスを活用しましょう。

ペットボトルやダンボールなどは再利用でき、回収ボックスを活用すると処分費用がかかりません。

回収ボックスは、スーパーやショッピングセンターなどに設置されているため、廃材処分する前に確認してみてください。

不用品回収業者で相見積もりを取得する

不用品回収業者に、廃材の処分を依頼する際は、相見積もりを取るのが効果的です。不用品回収業者であれば、一般廃棄物から産業廃棄物まで、幅広く回収してもらえます。

依頼時に複数社から見積もりを取得すると、費用やサービス内容の比較が可能です。

費用が安い会社に廃材処分を依頼できるため、費用を節約できます。

ただし、料金のみで設定すると、希望するサービス内容になっていない恐れがあります。料金に加えて、サービス内容も確認しましょう。

残置物を処分しておく

家屋の解体をする際に、残置物があるなら事前に処分しましょう。廃材処分に残置物が加わると費用が高くなります。

解体工事までに残置物を処分しておき、廃材処分業者に依頼する量を減らすと費用を節約可能です。

庭の掃除をする

建物の解体する際は、庭の植木や雑草を自分で処理しておくと、廃材処分料金を節約できます。

建物の解体工事で更地にする際に、庭の片付けも依頼すると費用が高額になるためです。自分でできる作業を事前に終わらせておけば、余計な費用を支払わずに済みます。

DIYに再利用する

建物の解体やリフォームで発生した廃材をDIYで再利用すれば、処分料金がかかりません。まだ使用できるものを再利用すれば、処分する廃材の量を減らせるため、費用を削減できます。

特に木材は再利用しやすく、テーブルやイスなどを作れます。解体工事をした際に、まだ使えそうな廃材があれば処分せず再利用しましょう。

廃材を処分する際の注意点

廃材を処分する際の注意点

廃材を処分する際の注意点は、以下の通りです。

  • 分別する
  • 不用品回収業者によって回収できない品目がある
  • 小さくする際は怪我に気をつける
  • 信頼できる不用品回収業者に依頼する

それぞれ参考にしてみてください。

分別する

廃材を処分する際は、必ず分別しましょう。

一般廃棄物なら「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」などに分け、産業廃棄物なら「紙くず」「木くず」「廃プラスチック類」などに分別します。

素材が複合されていたり、分別されていたりするものは、混合廃棄物となって処分費用が上がる可能性があります。

不用品回収業者によって回収できない品目がある

不用品回収業者に廃材処分を依頼する場合、回収できない品目があります。

事前に確認しておかないと、回収してもらえないので注意が必要です。

小さくする際は怪我に気をつける

廃材処分でサイズを小さくする際は、怪我に注意しましょう。

廃材には木材や金属など、怪我をしやすいものが多くあります。また、ハサミで小さくすることは難しく、のこぎりを利用して小さくします。

軍手や安全靴などの準備を行って、怪我を予防してみてください。

信頼できる不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する際は、信頼できるところに依頼しましょう。

信頼できない業者に依頼すると、当日になって追加費用を請求されるといったトラブルが発生する可能性がります。

「担当者の対応」や「必要な許可の取得」などを確認して、信頼できる業者に依頼してみてください。

廃材の処分なら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

廃材の処分なら粗大ゴミ回収本舗にお任せ
https://sodaigomi-kaishu.com/

廃材を処分するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せください。

粗大ゴミ回収本舗では、不用品の種類に限らず業界最安値で定額パックプランを提供しています。部屋の大きさやゴミの量などから、お客様に適したプランを選択可能です。

また、不用品の買取サービスも提供しています。再利用できるものはお金に換えられるため、処分費用を抑えられます。

廃材処分の業者選びで失敗したくない方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗の無料相談はコチラCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA