作業員待機中

10時19分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

ホットカーペットの捨て方7選!費用相場や注意点を紹介

2024.03.31

本記事では、ホットカーペットの捨て方や費用相場、処分する際の注意点などを紹介します。

ホットカーペットは寒い冬に必須の暖房器具ですが、長年使っているといつか処分する日が訪れます。

その際に詳しい捨て方を把握していると、スムーズに処分することが可能です。

ホットカーペットの処分でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

top transition banner

ホットカーペットの捨て方7選

ホットカーペットの捨て方7選

まずはホットカーペットの捨て方から見ていきましょう。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 普通ゴミで処分する
  • 粗大ゴミで処分する
  • 家電量販店で回収してもらう
  • 買取業者で売却してもらう
  • フリマサイト・ネットオークションで売却する
  • 友人・知人に譲る

それぞれ詳しく解説していきます。

不用品回収業者に依頼する

ホットカーペットは、不用品回収業者に依頼することでも捨てられます。

不用品回収業者とは、一般家庭や法人などの不用品を回収してくれる業者のことです。

不用品の仕分け・分別・運び出し・運搬・処分といった一連の作業を任せられます。

ホットカーペットは素材によってゴミの種類が異なるので、分別を任せられると非常に楽に捨てられます。

また、不用品回収業者の中には、即日や早朝・深夜に対応しているところもあります。

そのような業者を見つけられると、急にホットカーペットを処分することになっても安心して依頼できるでしょう。

ただし、不用品回収業者は他の捨て方よりも費用が高くなりやすいので、自分の予算に合う業者を選定してみてください。

普通ゴミで処分する

ホットカーペットは小さく解体することで、自治体の普通ゴミとして処分できます。

自治体によって基準は異なりますが、おおむね一辺の長さが30cm未満であれば普通ゴミの扱いになるケースが多いです。

普通ゴミで処分する場合、費用がゴミ袋代程度で済むので、お金をかけずにホットカーペットを捨てられます。

また、普通ゴミとして処分する際は、ホットカーペットの素材ごとに分別しなければなりません。

  • 可燃ゴミ:ウール、絹、綿、麻、その他天然繊維など
  • 不燃ゴミ:アクリル、ポリエステル、ナイロン、レーヨン、ポリプロピレンなど

ホットカーペットを捨てるときは、自治体のルールに従って分別してください。

なお、ホットカーペットはサイズが大きいのでそのままでは、普通ゴミとして処分できません。

解体作業が必要になるため、ある程度の労力や時間がかかることに注意しましょう。

粗大ゴミで処分する

ホットカーペットを解体せずそのままの状態で処分するなら、自治体の粗大ゴミ回収を利用できます。

粗大ゴミの定義は自治体によって異なるので、詳しくはお住まいの自治体に確認してみてください。

粗大ゴミ回収を利用する場合の手順は以下のとおりです。

  1. 自治体の窓口に連絡して申し込む
  2. 粗大ゴミ処理手数料券、シールを購入する
  3. 処理手数料券をホットカーペットに貼り付ける
  4. 収集日になったら指定場所へ持ち込む

自治体の粗大ゴミ回収を利用すると、不用品回収業者を利用するよりも費用を抑えられます。

しかし、収集までに手間がかかったり、自分で指定場所まで運搬したりしなければなりません。

さらに、自治体によって収集頻度が異なり、場合によっては月1回の回収になるケースもあります。

事前予約を忘れてしまうと、次回以降の回収になってしまうので急に捨てることになった場合には向いていません。

家電量販店で回収してもらう

ホットカーペットは小型家電リサイクル法の対象品目であり、家電量販店に回収してもらうことも可能です。

店舗によって費用は異なりますが、基本的には有料での回収になります。

例えば、各家電量販店の小型家電回収は以下のとおりです。

家電量販店 費用(税込)
ヤマダ電機 1,650円
ケーズデンキ 特定品目:無料
小型品目:550円
中型品目:1,100円
大型品目:2,200円
超大型品目:4,400円
ビックカメラ 1,958円
エディオン 特定品目:無料
小型品目:550円
中型品目:1,100円
大型品目:4,400円
特殊家電:2,200円

出張回収や宅配回収などを利用する場合は、追加費用がかかる可能性があります。

買取業者で売却してもらう

ホットカーペットを捨てる際は、買取業者に依頼することで売却できます。

捨てるはずのものがお金になるので非常にお得に処分できるでしょう。

ただし、新品未使用であれば売れる可能性はありますが、中古のホットカーペットはあまり需要がありません。

すでに使っているものを買取業者に持ち込んでも、買取してもらえず再び持ち帰ることになることもあるでしょう。

フリマサイト・ネットオークションで売却する

買取業者と同様に新品未使用であれば、フリマサイトやネットオークションでも売却できる可能性があります。

基本的に個人間での取引になるので、買取業者よりも高額で売れるケースも少なくありません。

ただし、フリマサイトやネットオークションを利用する場合は、写真撮影や説明文の作成などの出品作業を自分で行わなければなりません。

さらに、売れた後は、自分で配送手続きをしなければならず、かなり手間と時間がかかってしまいます。

フリマサイトやネットオークションは、どうしても売却したいケースに利用しましょう。

友人・知人に譲る

ホットカーペットを捨てる際は、必要としている友人や知人に譲る方法もあります。

ホットカーペットは寒い時期に必要になるので、周りの人に声をかけてみると、意外にも欲しいとう人がいるかもしれません。

どのように引き渡すのかを事前に決めて、スムーズに処分できるようにしましょう。

ホットカーペットを捨てる際の費用相場

ホットカーペットを捨てる際の費用相場

ホットカーペットを捨てる際は、選択する方法によって費用が異なります。

処分方法ごとの費用相場は、以下のとおりです。

処分方法 費用相場
不用品回収業者に依頼する 数千円~
普通ゴミで処分する 無料(ゴミ袋代)
粗大ゴミで処分する 数百円〜数千円
家電量販店で回収してもらう 1,000〜2,000円
買取業者で売却してもらう 無料(売却可)
フリマサイト・ネットオークションで売却する 売却可(配送料とサービス手数料がかかる)
友人・知人に譲る 無料(配送料がかかることも)

ホットカーペットの切断方法

ホットカーペットの切断方法

ホットカーペットのサイズを小さくして捨てるなら、切断をする必要があります。

ホットカーペットは、分厚くて切りづらくなっているので裁断ハサミを使いましょう。

切断手順は以下のとおりです。

  1. コントローラー部分を布地部分から切り離す
  2. ホットカーペットの端にある縫い目の部分を切る
  3. 表と裏の布地をはがす
  4. 電熱線を剥がす
  5. 取り外した電熱線を一辺30cm以内に切り分ける
  6. 指定されたゴミ袋に入れる

ホットカーペットの切断をする際は怪我をする恐れがあるので、軍手をして行うようにしましょう。

ホットカーペットを捨てるときの注意点

ホットカーペットを捨てるときの注意点

最後にホットカーペットを捨てるときの注意点を紹介していきます。

処分ルールを守る

ホットカーペットを捨てるなら、処分方法ごとのルールを守りましょう。

ルールを守らないと、処分に出しても回収してもらえない可能性があります。

特に自治体を利用する場合は、分別が必須です。

お住まいの地域の自治体でルールを確認してから、適切な処分をしましょう。

できる限り切断を控える

ホットカーペットには布だけでなく電熱素材が使われています。

電熱素材は、通常のハサミでは切れないので、裁断バサミのような大きめのハサミを使わなければなりません。

さらに、製品によってホットカーペットの作りが異なり、自力で切断するのが難しいケースもあるでしょう。

そのような場合は、無理して切断せず他の捨て方を検討してみてください。

切断には体力が必要になる

ホットカーペットの切断をする際は、かなりの体力が必要です。

さらに切断にかかる時間の目安は、10〜60分程度です。

そのため、休憩を入れながらホットカーペットを解体しましょう。

売却時は売れない場合を考えておく

ホットカーペットを売却する際は、売れなかった場合のことを考えましょう。

買取業者やフリマサイト・ネットオークションのどちらを選択しても、必ずしも売れるとは限りません。

特にフリマサイトやネットオークションは、買い手が見つからないといつになっても売れません。

万が一売れなかったときのために、別の処分方法を考えていればスムーズに捨てることが可能です。

ホットカーペットを捨てるなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

ホットカーペットを捨てるなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

https://sodaigomi-kaishu.com/

ここまでにホットカーペットの捨て方を紹介しました。

ホットカーペットは自力で解体するのが難しかったり、処分に手間がかかったりします。

そのような時は、「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

粗大ゴミ回収本舗は、業界最安値でサービス提供をしています。

ホットカーペットに加えて、他の不用品も一緒に捨てるなら、諸経費が含まれたお得なパックプランがおすすめです。

安心Sパック(1.5㎥目安)が9,800円と破格であり、お得に不用品を処分できます。

また、即日対応・早朝・深夜の時間帯の営業などにも対応しています。

見積もりは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

>>粗大ゴミ回収本舗への無料見積もり依頼はこちら!

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER