本記事ではお得にホームジムを処分する方法を解説。

さらにホームジム処分の費用相場や注意点などの紹介します。

ホームジムの処分でお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ホームジム処分の料金相場

ホームジム処分の料金相場

ホームジムの処分にかかる費用相場を解説します。

自治体の粗大ゴミ処分 200円〜
不用品回収業者 2,000円〜
リサイクルショップ 無料
フリマ・ネットオークション 販売方法によって送料が必要
パーソナルジムに引取り依頼をする 無料
知人に譲る 無料
福祉施設に寄付する 無料

ホームジムの処分費用は重量やサイズによって異なるので、詳しい費用については、あらかじめ確認してみてください。

ホームジムを処分する方法7選

ホームジムを処分する方法7選

ホームジムを処分する方法には下記の7つがあります。

  1. 自治体の粗大ゴミ回収で処分する
  2. 不用品回収業者に依頼する
  3. リサイクルショップに持ち込む
  4. フリマ・ネットオークションで売る
  5. パーソナルジムに引取り依頼をする
  6. 知人に受け渡す
  7. 福祉施設に寄付する

それぞれ参考にしてみてください。

1.自治体の粗大ゴミ回収で処分する

自治体では粗大ゴミの基準を長さ一辺30cm以上と定めていることが多いです。ホームジムは30cm以上のサイズがあるので、自治体の粗大ゴミとして処分できます。

まずは自治体に連絡して予約をとりましょう。その後指定された金額の粗大ゴミ回収シールを購入し、当日になったら指定場所まで運び出すとホームジムを回収してもらえます。

ただし、自治体では運搬サービスがないので、自力で指定場所まで運ばなければ回収してもらえません。ホームページはものによって、サイズや重量が大きく自分では運搬できない可能性があるため注意が必要です。

また、自治体によって粗大ゴミのサイズや重量の上限が設けられているケースがあり、全てのホームジムを回収できるわけではありません。事前に自治体で粗大ゴミとして回収できるのかを確認しましょう。

2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者で回収できる荷物はサイズや重量を問いません。不用品回収業者は自治体で回収できないサイズや重量のホームジムでも処分が可能です。

不用品回収業者ではホームジムの回収に加えて、仕分けや運搬なども行ってもらえます。重量があるホームジムでも自分に負担をかけずに処分できるので、安心して任せられるでしょう。

また、不用品回収業者は即日対応を行っているところがあります。急な対応でも依頼できるので、すぐにでもホームジムを処分したい方におすすめの方法です。

3.リサイクルショップに持ち込む

ホームジムは筋肉トレーニングをしている人や運動不足の人などの需要があります。リサイクルショップにホームジムを持ち込むことで、買取ってもらえる可能性があります。ただ処分するのではなく、不用品がお金に換わるかもしれません。ホームジムはものによって高値で取引されることもあるので、お得に処分できるでしょう。

ホームジムは重量があるので自分で運搬が難しいですが、リサイクルショップには出張買取に対応しているところがあるので自力で運ぶ必要がありません。

家庭で不要になったホームジムがある方は、現金化するためにリサイクルショップに持ち込むのも良いでしょう。

4.フリマ・ネットオークションで売る

ホームジムはフリマ・ネットオークションで売られていることがあります。ホームジムは需要があるので、出品すると高値で売れる可能性があります。

フリマ・ネットオークションは、出品者が自由に出品金額を決められるのが魅力です。そのため、希望するお金をもらいながらお得に処分できます。

ただし、フリマ・ネットオークションは自分で梱包・配送手続きをしなければなりません。重量があるホームジムの場合は、運送できる業者が限られるので、事前に重量制限を確認しておきましょう。

5.パーソナルジムに引取り依頼をする

ホームジムは筋肉トレーニングに活用できるアイテムなので、パーソナルジムで引き取ってもらえる可能性があります。解体や運搬の手間がかかりますが、引き取り手がいると費用をかけずに処分できます。

ホームジムの処分を検討している方は、個人といった規模が小さいパーソナルジムに引き取り依頼をしてみても良いでしょう。

6.知人に受け渡す

知人の中に筋肉トレーニングや運動不足の解消をしたい方に対して、ホームジムを譲る方法もあります。すると、知人に喜んでもらえて、また自宅まで取りにきてもらうと費用をかけずに処分できます。

ホームジムの処分をしたいなら、知人に聞いてみても良いでしょう。

7.福祉施設に寄付する

ホームジムは福祉施設のレクリエーションや運動不足の解消などに活用されることがあります。ホームジムを福祉施設寄付することで喜んでもらえるかもしれません。

ただし、福祉施設への寄付では配送料を自己負担する必要があります。

ホームジムを処分する際の注意点

ホームジムを処分する際の注意点

ホームジムを処分する際の注意点は下記の通りです。

  1. 移動時の怪我に気を付ける
  2. 売却時はきれいにしておく

順番に見ていきましょう。

移動時の怪我に気を付ける

ホームジムは重量があるものが多いです。自力で移動させようとすると、部品が転倒したり落下したりして怪我をする恐れがあります。ホームジムを処分する際は、無理に移動させず専門業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収のプロである専門業者であれば、重量やサイズがあるホームジムでもスムーズに運搬してもらえます。自分で作業する必要がなくなるので、怪我をせず処分できるでしょう。

売却時はきれいにしておく

ホームジムは綺麗な状態ほど高く売却できる可能性があります。ホームジムの売却を検討している方は、付近でホコリや汚れなどを綺麗にしておきましょう。

金属製でサビができている場合は、サビ取り剤を使用すると綺麗にできます。

ホームジムの処分を業者に依頼する際のポイント

ホームジムの処分を業者に依頼する際のポイント

ホームジムの処分を業者に依頼する際のポイントは下記の通りです。

  1. 複数者から見積もりを取得する
  2. 必要な許可を取得した業者に依頼する
  3. 現地見積もりを利用する
  4. キャンペーン・クーポンを活用する

それぞれ参考にしてみてください。

複数者から見積もりを取得する

不用品回収業者は各社でホームジムの回収費用が異なります。不用品回収業者に依頼する際は、複数社から見積もりを取得することで費用を比較できます。そのため、一番安い業者にホームジムの処分を依頼でき、費用の節約が可能です。

必要な許可を取得した業者に依頼する

不用品回収業者が不用品を処分するには、古物商許可証が必要です。正式な許可を取得している業者は、安心してホームジムの買取を任せられるでしょう。

必要な許可を取らずに営業している業者は、不法投棄・不適性処理をしているケースがあるので注意が必要です。

現地見積もりを利用する

不用品回収業者で見積もりを取得する方法はさまざまありますが、現地見積もりがおすすめです。実際に現地でホームジムのサイズや重量、搬送経路などを確認してもらうことで正確な見積もりを作成してもらえます。そのため、当日になってから追加費用を請求される可能性を軽減可能です。

キャンペーン・クーポンを活用する

不用品回収業者の中には、割引キャンペーンやクーポンを発行しているケースがあります。キャンペーン・クーポンを活用することで、通常料金よりも安く依頼可能です。できる限り費用を抑えて不用品回収業者に依頼したい方は、キャンペーン・クーポンを活用してみましょう。

ホームジムの処分でお困りなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

ホームジムの処分でお困りなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ
https://sodaigomi-kaishu.com/

ホームジムの処分をするなら粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

粗大ゴミ回収本舗は業界最安値で高品質な定額パックプラン提供しています。トラックの大きさや部屋の間取りなどからプランを選択できるので、お客様に要望に合わせたサービスを提供可能です。

また、回収する不用品のサイズや重量を問わず回収するため、家庭のホームジムを処分可能です。

粗大ゴミリサイクルの業者選びで失敗したくない方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗の無料相談はコチラCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA