本記事ではお得にエアロバイクを処分する方法を解説。

さらにエアロバイク処分の費用相場や注意点などを紹介します。

エアロバイクの処分でお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

エアロバイク処分の料金相場

エアロバイク処分の料金相場

エアロバイクの処分にかかる費用相場を解説します。

自治体の可燃ゴミ・不燃ゴミ処分 無料
※解体の必要あり
※自治体によっては粗大ゴミになるため要確認
自治体の粗大ゴミ処分 1,000円〜
リサイクルショップ 無料
フリマ・ネットオークション 販売方法によるが送料が必要
不用品回収業者 3,000円〜
知人に譲る 無料
団体に寄付する 無料

エアロバイクの処分費用は重量やサイズによって異なるので、詳しい費用については、あらかじめ確認してみてください。

エアロバイクの処分方法7選

エアロバイクの処分方法7選

エアロバイクを処分する方法には、下記の6つがあります。

  1. 自力で解体して不燃ゴミとして出す
  2. 自治体の粗大ゴミ回収で処分する
  3. 不用品回収業者を利用する
  4. リサイクルショップで買取依頼をする
  5. フリマ・ネットオークションに出品する
  6. 知人に譲る
  7. 団体に寄付する

それぞれ参考にしてみてください。

1.自力で解体して不燃ゴミとして出す

エアロバイクを自力で解体することで、自治体の不燃ゴミとして処分が可能です。自分で解体する手間がかかりますが、費用を抑えて処分できます。できる限り費用を抑えたい方は、工具を使用して解体してみましょう。

ただし、自治体によってはエアロバイクを解体しても粗大ゴミ扱いになる可能性があります。不燃ゴミに出す際は、必ず自治体のルールに沿って対応しましょう。

2.自治体の粗大ゴミ回収で処分する

自治体によりますが、基本的に長さ一辺30cm以上のものを粗大ゴミとして扱います。エアロバイクは長さ30cmを超えるものなので、自治体の粗大ゴミとして処分が可能です。

あらかじめお住まいの地域の自治体に連絡し、処分費用や日時を決めて予約します。その後、指定金額分の粗大ゴミ回収シールを購入してエアロバイクに貼り付け、当日になったら自治体の指定場所に運搬すれば回収してもらえるのです。

ただし、粗大ゴミの回収では1〜2週間程度の時間がかかります。エアロバイクの処分に時間の余裕がある方に適した方法です。

3.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者では自治体の回収よりも費用がかかりますが、重量やサイズに関係なくエアロバイクを処分してもらえます。加えて、分別や運搬をする必要がないので、自分で行う作業は何もありません。

また、不用品回収業者は即日対応を行っているケースがあります。急にエアロバイクの処分が必要になった際の回収におすすめの方法です。

4.リサイクルショップで買取依頼をする

リサイクルショップを利用すると、不要になったエアロバイクを買取ってもらえる可能性があります。お金に換えられる可能性があるので、お得にエアロバイクを処分可能です。

リサイクルショップには「直接持ち込み」「出張買取」「宅配買取」とさまざま種類があります。出張買取を利用すると、エアロバイクの運搬や宅配手続きをする必要がないため、手間をかけずに買取りの可否を確認可能です。

ただし、エアロバイクのパーツが不足していたり、状態が悪かったりすると買取ってもらえません。十分なパーツが揃って綺麗な状態のエアロバイクを持っている方に適した処分方法です。

5.フリマ・ネットオークションに出品する

エアロバイクはフリマサイト・ネットオークションなどで出品することで処分できます。買い手を見つけられると、お金に換えられる可能性があります。自分で値段を設定できるので、リサイクルショップよりも高値で取引されるかもしれません。

エアロバイクは筋肉トレーニングや健康運動としての需要が考えられるため、試しに出品しても良いでしょう。

ただし、フリマ・ネットオークションは出品しても売れるとは限りません。売れたとしても、時間がかかったり発送手続きをしたりと手間がかかります。エアロバイクの処分に時間をかけられる方に適した方法です。

6.知人に譲る

知人にエアロバイクを欲しがっている人がいる場合、譲るという選択肢もあるでしょう。エアロバイクは健康器具なので、周囲に欲しがっている人がいるかもしれません。知人に譲ってあげると喜んでもらえるでしょう。

知人に自宅までエアロバイクを取りにきてもらえると費用をかけずに処分可能です。

7.団体に寄付する

エアロバイクは筋肉トレーニングや運動不足の解消のために利用できます。パーソナルジムや福祉施設など、エアロバイクを必要としている団体に寄付する方法もあります。エアロバイクは長期間利用できるものなので、必要としている団体がいるかもしれません。

掲示板サイトや自治体の掲示板などを確認してみて、募集があったら連絡してみても良いでしょう。

エアロバイクを高値で売却処分する3つのコツ

エアロバイクを高値で売却処分する3つのコツ

エアロバイクを高値で売却処分するコツは下記の通りです。

  • 付属品を揃える
  • 綺麗な状態にする
  • 動作確認を行う

順番に見ていきましょう。

付属品を揃える

エアロバイクを売却する際は、付属品があると高値になる可能性があります。逆に付属品が足りていないと買取できないケースもあるでしょう。

エアロバイクの売却を考えている方は、必ず付属品を揃えておくのがおすすめです。どんなに小さな部品でも揃えておくと、買取ってもらえる可能性が高まります。

綺麗な状態にする

エアロバイクは綺麗な状態ほど高く売れる可能性があります。売却する前に布巾でほこりや汚れを拭き取りましょう。すると、エアロバイクの見た目が綺麗になり、査定価格がアップするかもしれません。

動作確認を行う

エアロバイクは安価なものほど故障しやすい傾向です。エアロバイクが正常に動作しないと買取ってもらえないかもしれません。

売却の前に「ペダルがスムーズに回るのか」「異音がしないか」など、動作確認を行なってみてください。

エアロバイクを処分する際の3つの注意点

エアロバイクを処分する際の3つの注意点

エアロバイクを処分する際の注意点は、下記の3つです。

  • 持ち運びで怪我をする可能性がある
  • 市区町村ごとのルールを確認する
  • 業者への依頼は必要な許可を確認する

それぞれ参考にしてみてください。

持ち運びで怪我をする可能性がある

エアロバイクはサイズが大きく重量があります。無理に自分で運搬すると、落としたりよろけたりして怪我をする恐れがあります。

エアロバイクを持ち運ぶ際は、無理に動かさず必要に応じて業者に依頼しましょう。業者に依頼すると自分で運搬する必要がなく、怪我する可能性を低くできます。

市区町村ごとのルールを確認する

エアロバイクを自治体で処分する際は、お住まいの地域のルールを確認しましょう。自治体によっては、不燃ゴミや粗大ゴミとして処分できないかもしれません。とくに重量やサイズが大きいものは、回収を断られるケースがあります。

必ず市区町村ごとのルールでエアロバイクの処分に対応しているのかを確認してから、処分の依頼をしましょう。

業者への依頼は必要な許可を確認する

エアロバイクの買取を行うには「古物商許可証 」が必要です。不用品回収業者にエアロバイクの処分で買取を希望する際は、必要な許可を取得しているのか確認しましょう。

万が一許可を受けていない業者に依頼すると、不法投棄・不適正処理をされる可能性があります。

粗大ゴミ回収本舗では、古物商許可証を取得しているので安心してエアロバイクの買取・回収を任せてもらえます。

エアロバイク処分にお困りなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

エアロバイク処分にお困りなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ
https://sodaigomi-kaishu.com/

エアロバイクの処分をするなら粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

粗大ゴミ回収本舗は業界最安値の定額パックプランを提供しています。部屋のサイズやゴミの量からプランを選択できるので、お客様に合わせたサービスを提供可能です。

また、現場まで最短30分で到着するので、即日で対応することも可能です。

粗大ゴミリサイクルの業者選びで失敗したくない方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗の無料相談はコチラCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA