本記事ではお得にダンベルを処分する方法を解説。

さらにダンベル処分の費用相場や注意点などの紹介します。

ダンベルの処分でお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ダンベルの処分にかかる費用

ダンベルの処分にかかる費用相場を解説します。

自治体の可燃ゴミ・不燃ゴミ処分 無料
自治体の粗大ゴミ処分 400円〜
リサイクルショップ 無料
フリマ・ネットオークション 販売価格による
不用品回収業者 3,000円〜
知人に譲る 無料

ダンベルの処分費用は重量やサイズによって異なるので、詳しい費用については、あらかじめ確認してみてください。

ダンベルの処分方法6選

ダンベルを処分する方法には、以下の6つがあります。

  • 自治体に回収してもらう
  • リサイクルショップで売る
  • フリマ・オークションサイトで売る
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 引越し業者に回収してもらう
  • 知人に譲る

それぞれ参考にしてみてください。

自治体に回収してもらう

ダンベルは重さやサイズ、素材によって分類が異なります。自治体では基本的に長さ一辺30cm以上を大型ゴミ、30cm未満のものを小型ゴミとしていることが多いです。

手元にあるダンベルの一辺の長さが30cm以上であれば、粗大ゴミとして自治体に回収してもらえます。加えて、鉄製のダンベルは硬さがあるので、大きさに関係なく粗大ゴミ扱いになります。

ダンベルのサイズが一辺30cm未満で「プラスチック」「ゴム」でできているものは、可燃ゴミ・不燃ゴミのどちらかに分類。各自治体によって分類が異なるので、あらかじめ確認の上、自治体に回収してもらいましょう。

ただし、ダンベルは他のゴミと違って重量があります。自治体によっては、サイズに関係なく粗大ゴミになることや、回収してもらえない可能性があるので注意しましょう。

リサイクルショップで売る

ダンベルは中古品としての需要が高いことから、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。リサイクルショップを利用すると、無料で回収してもらうどころか、不用品がお金に変えられます。

自治体に回収を依頼するよりお得にダンベルを処分可能です。

リサイクルショップでは「直接持ち込み」「出張買い取り」「宅配買い取り」のいずれかでダンベルを引き取ってもらえます。事前に買取の見積もりを作成してもらえるので、納得の金額であれば買い取ってもらうのも1つの方法です。

フリマ・オークションサイトで売る

リサイクルショップよりも高くダンベルを売りたい方は、フリマ・オークションサイトを利用するのがおすすめです。ダンベルを欲しいユーザーと直接交渉できるため、高値で取引されるケースがあります。

まずは自分の希望価格で出品してみて、様子を見ながら価格調整を行うとリサイクルショップよりも高値で売れるので、お得にダンベルを処分可能です。

しかし、フリマ・オークションサイトは出品したからといって、必ずしも売れるとは限りません。ユーザーの需要とマッチしないと売れないため、すぐにでもダンベルを処分したい方には適さないです。

処分期間に余裕がある方は、フリマ・オークションサイトに出品してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は自治体の回収よりも費用が高くなりますが、重量・サイズ・素材に関係なくダンベルを処分してもらえます。自治体で回収してもらえないもの、フリマ・オークションサイトで売れなかったものを処分する際におすすめです。

ダンベルは重さがあるので、自分で運搬しようとすると怪我をする可能性があります。不用品回収業者であれば、分別から運搬まで全てを任せられ、安全にダンベルを処分できます。

また、不用品回収業者では定額パックプランを提供していることが多いです。ダンベルに加えて他の不用品も同時に回収してもらうとお得に依頼できるでしょう。

引越し業者に回収してもらう

転居時にダンベルが不要になった場合、引越し業者に依頼すると処分してもらえる可能性があります。場合によっては、追加費用がかかったり、買取をしてもらえたりします。

ただし、引越し業者は不用品回収業者と違って、全ての不用品回収に対応しているわけではありません。場合によっては、ダンベルを回収してもらえないかもしれないので、あらかじめ確認してから依頼しましょう。

知人に譲る

知人の中にダンベルを欲しがっている方がいる場合、譲る方法もあります。ダンベルは機械と違って長い間使えるものなので、欲しがる方がいるかもしれません。

知人にダンベルを取りに来てもらえると配送料がかからないのでお得に処分可能です。

ダンベルを処分する際の注意点

ダンベルを処分する際の注意点は、以下の4つです。

  • ジムに設置されたダンベルは事業ごみ扱いになる
  • 「一般廃棄物処理業」の許可を保有する業者に依頼する
  • 売る際は綺麗な状態にする
  • 人気メーカーなら高値で売れる可能性がある

順番に見ていきましょう。

ジムに設置されたダンベルは事業ごみ扱いになる

自治体では家庭ゴミであれば回収してもらえますが、事業ゴミの回収はできません。事業ゴミとは、事務所・店舗などから事業活動に伴って生じた廃棄物のこと。ジムに設置されたダンベルを処分する際は、重さ・サイズなどに関係なく自治体に依頼できないので注意しましょう。

ジムのダンベルを処分する際は、産業廃棄物処理の許可を受けた業者に依頼しなければなりません。必ず産業廃棄物処理の許可を確認してから、処分を依頼しましょう。

「一般廃棄物処理業」の許可を保有する業者に依頼する

家庭のダンベルの処分を業者に依頼する場合、一般廃棄物処理業の許可を受けているところに依頼する必要があります。一般廃棄物処理業の許可を受けるには、事業を行う区域を管轄する市町村長からの許可が必要です。正式な許可を受けてダンベルの処分を行うので、安心できるでしょう。

無許可で営業している業者にダンベルの処分を依頼すると、不法投棄・不適性処理などをされる可能性があります。業者に依頼する際は、公式サイトで一般廃棄物処理業の確認をしましょう。

売る際は綺麗な状態にする

不要になったダンベルを売る際、状態がきれいなほど高く売れる可能性があります。買取に出す前に、雑巾で汚れや埃などをきれいにしましょう。

とくに鉄製のダンベルは購入してから時間が経つと、サビが発生しているかもしれません。その際は、クエン酸やサビ取り剤などを利用して、きれいにしてみてください。

人気メーカーなら高値で売れる可能性がある

ダンベルは各メーカーから販売されていますが、人気メーカーであるほど需要が高いです。そのため、高く売れる可能性があります。

ダンベルの人気メーカーは以下のとおりです。

  • ファイティングロード
  • アイロテック
  • イヴァンコ
  • ボディメーカー
  • パワーブロック

ダンベルをゴミとして処分する前に、一度メーカーを確認してみましょう。

お得に回収!ダンベルの処分を業者に依頼する際のポイント

ダンベルの処分を業者に依頼する際のポイントは、以下の2つです。

  • 相見積もりを取得する
  • 他の不用品があればまとめて依頼する

それぞれ参考にしてみてください。

相見積もりを取得する

ダンベルの処分費用は業者によって異なります。複数社から見積もりを取得することで、費用の比較ができて安いところに依頼が可能です。

1社しか見積もりを取得しないと、他の業者のほうが安かったと後悔するかもしれません。業者にダンベル処分を依頼する際は、必ず相見積もりを取得しましょう。

他の不用品があればまとめて依頼する

不用品回収業者では定額パックプランを提供しています。定額パックプランとは指定のトラックに乗せられる量であれば、何点でも回収してもらえるサービスのこと。複数の不用品をまとめて回収してもらえると、自治体に依頼するよりもお得になります。

ダンベルに加えて他に不用品を回収してもらいたい方は、業者に依頼するのがおすすめです。ダンベルの処分でお困りの方は不用品回収業者に依頼してみてください。

ダンベルの処分なら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

ダンベルの処分をするなら粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

粗大ゴミ回収本舗はトラックのせ放題の定額パックプランを業界最安値で提供しています。ゴミの量からプランを選択できるので、お客様に合わせたサービスを提供可能です。

また、回収できる品目に制限がないので、自治体で回収できないものでも回収できます。

粗大ゴミリサイクルの業者選びで失敗したくない方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗の無料相談はコチラCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA