「合格祈願」「安産祈願」「無病息災」「商売繁盛」など、それぞれの願いが叶うように、神社やお寺に行くとお守りを授かってきます。

さて、合格がかなった後、安産を果たした後などのお守りはどうすればいいのでしょうか?

お守りは、大きくないものですが、適当に捨てる、処分することは、気持ち的にできにくいです。

だからと言って、いつまでもそのへんに放置しておくというのも違うような気がします。

では、どうすればいいのでしょうか?

この記事では、あなたの心がスッキリする正しいお守りの処分の仕方をご説明します。

 

お守りを捨てる7つの方法

お守りを捨てる7つの方法

お守りは「買う」ものではなく「受ける」「授かる」ものです。

この記事のタイトルは、便宜上、「捨てる」となっていますが、本来、「捨てる」「処分する」ではなく、「お返しする」といいます。

そういう基本的なことを知ったうえで、お守りの捨てる方法をご紹介します。

お守りをいただいた神社・お寺に返納する

一番基本的な方法は、お守りをいただいた神社やお寺にお返しに行く方法です。

祈願したことが叶ったにせよ、叶わなかったにせよ、感謝してお守りを授かった神社やお寺に持って行ってお返ししましょう。

神社には古神札納め所があるので、その前にあるお賽銭箱に気持ちを入れて、お守りを納めるといいでしょう。

古神札納め所は、神社によっては常時置かれている場合と、年末年始だけという場合があります。

また小さな神社で置かれていない場合は、神社の方に尋ねてみるといいでしょう。

お寺の場合も同様に、納める場所があればそこに、ない場合はお寺の方に相談するといいでしょう。

近くの神社・お寺に持って行く

旅先でいただいたお守りや引越ししたため遠くになった場合など返しに行くのがむずかしい神社やお寺の場合は、ご近所の神社にお返しする方法もあります。

ただし神社でいただいたお守りは神社に、お寺でいただいたお守りはお寺に返すのが常識です。

お寺の場合、できれば宗派が同じお寺にお返しするのがベターです。

神社かお寺かは、お守りの裏側に「神社」「神宮」「○○寺」などと書かれていますので確認しましょう。

いただいた神社・お寺が遠い場合は郵送で!

もし近所にお守りをお返しできるような神社やお寺がない場合や、いただいた神社やお寺にお返ししたいと思われるのでしたら、いただいた神社やお寺に郵送することもできます

伊勢神宮の場合、封筒に「お焚き上げ希望」と書いて送れば、お焚き上げをしていただけます。

ただすべての神社やお寺がしてくれるわけではないので、事前に確認するといいでしょう。

無断で送りつけるのは失礼です。

封筒に「お焚き上げ料」を同封しましょう。

金額が設定されている場合と「気持ち」の場合がありますので、事前に要チェックです。

地元のどんど焼き(左義長)などで焚き上げてもらう

地元のどんど焼き(左義長)などで焚き上げてもらう

どんど焼きとは、松の内まで飾っていた松飾りやしめ縄、お正月にしたためた書き初め、昨年に授与したお守りなどを、神社や地域の広場・畑などに持ち寄って燃やす(=お焚き上げする)、地域の行事のことです。

地域によっては、左義長(さぎちょう)、とんど、どんどん焼き、さいと焼き、鬼火(おにび)たきなど様々に呼ばれています。

ただ都会では大きな火を燃やす場所が少なくなったり、近隣への煙が問題になったりして廃止になったり、規模が縮小されたりしています。

地域の広報などで日時や場所、受付方法などをチェックするといいでしょう。

お守りに、ビニールやプラスチックのカバーなどが付いている場合は、すべて外してから燃やしましょう。

 

自宅で焼却

自宅でお焚き上げをすることも可能です。

ただ火の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

お守りに直接火をつけるのではなく、半紙で塩一つまみとお守りを包んで感謝して火をつけましょう。

その際ビニールやプラスチックのカバーは外しましょう。

燃やす場合は、火をつけても大丈夫な広さを確保するか、バーベキューセットなどで燃やすといいでしょう。

念のため、バケツに消火用の水を用意しておきましょう。

燃えるゴミとして処分

お守りは、可燃ゴミとして処分することも可能です。

ただ、あなたの気持ちがゴミと一緒に捨てるのに気が引けるのであれば、次の手順で行ってください。

感謝とお浄めの気持ちが大切です。

家庭でお焚き上げをする場合と同様、半紙でお守りと塩一つまみを包み、可燃ゴミに入れましょう。

その際、半紙に置いたお守りの左右各1回、もう一度左に塩を回しかけましょう。

これでお浄めができました。

あなたが感謝の気持ちを込めて、この手順をすればむやみに恐れる必要はありません。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼する方法もあります。

不用品回収業者は、家庭内の不用品を処分してくれますが、他の不用品と一緒にお守りの処分もお願いするといいでしょう。

その際には、家庭内でのお焚き上げの手順のように、半紙でお守りと塩一つまみを包んで、感謝してお別れするといいでしょう。

また業者によっては、宅配でお焚き上げをするサービスを行っている場合もありますので、聞いてみられるといいでしょう。

サービスを提供している業者の場合、申し込むと専用の宅配お焚き上げキットを送ってくれますから、その指示に従って郵送すればOKです。

 

お守りを捨てるタイミングはいつ?

お守りは、持っていると永遠にご利益があるというわけではありません。

授かってから1年ぐらいを目安と考えるといいでしょう。

先ほどの処分方法でも書きましたように、どんど焼きなどは一年に一度行われますから、そのタイミングに合わせましょう。

あるいは、初詣などのタイミングで、前の年のお守りをお返しする方法もあります。

「合格祈願」や「安産祈願」などのようなお守りの場合は、その結果が出た時点で結果のいかんにかかわらず、感謝の気持ちとともにお返しするのがいいでしょう。

いずれにせよ、いついただいたのかわからないようなお守りを持ち続けるより、毎年気持ちも新たに、新しいお守りをいただいて、守っていただくというように考えましょう。

逆に長く持ち続けると、お守りに穢れがたまるともいわれています。

お気を付けください。

この際、家じゅうに古くなったお守りがないかチェックしてみませんか?

あれば一緒にお返ししましょう。

 

お守りを捨てるときの注意点

お守りを捨てるときの注意点

あなたの気持ちに偽りがなく、心から感謝して処分するなら、お守りを処分することに構える必要も、怖気づく必要もありません。

以下の二点に注意して、常識、良識をもって処分しましょう。

神社とお寺は区別する

授かった神社やお寺にお返しする場合は、間違うことはありません。

しかしお近くの神社やお寺に持って行く場合は、神社で授かったお守りは神社に、お寺で授かったお守りはお寺にお返ししましょう。

神社のお守りをお寺に、お寺のお守りを神社にお返しするのはとても失礼なことになりますから気をつけましょう。

お寺の場合は、わかれば宗派が同じお寺にお返しするのがいいでしょう。

わからなければ、お寺の人に聞くといいでしょう。

お寺によっては、「宗派がちがっていてもいいですよ」とおっしゃってくださるところもあれば、「困ります」とお断りされる場合もあります。

いずれにせよ、黙っておいてくることはNGです。

処分をお願いするときは要事前確認!

お返しする神社やお寺が遠くて郵送する場合や近くの神社やお寺でお焚き上げをお願いする場合などは、事前にしていただけるかを確認することが大切です。

電話一本で済むことですから、確認はしっかり行いましょう。

せっかくきちんとお返ししようとしているのに、無断で神社やお寺の意向に反して送りつけたり、置いてくることはよくないです。

こちらがきちんと対応すれば、きちんとした回答が返ってきます。

そのような真摯な態度を神様も見ておられるかもしれません。

 

お守りの処分(返納)費用

お守りの処分(返納)費用

お守りを処分する場合の処分方法別の費用相場をまとめましたので、ご確認ください。

処分の費用だけでなくあなたの気持ちにしっくり合う方法を選ぶといいでしょう。

処分方法 費用相場
お守りをいただいた神社・お寺にお返しする 無料 or お気持ち (神社やお寺によって異なる)
近くの神社やお寺に持って行く 無料 or お気持ち (神社やお寺によって異なる)
頂いた神社やお寺が遠い場合は郵送 送料、お焚き上げ料がいる場合も
地元のどんど焼き(左義長)などで焚き上げてもらう 無料
自宅で焼却 無料
燃えるゴミとして処分 無料
不用品回収業者に依頼 他の不用品と一緒に軽トラック積み放題定額プラン 15000円~

宅配お焚き上げサービス 1650円~

 

お守りの処分なら「粗大ゴミ回収本舗」におまかせ!

お守りの処分方法や費用、注意点などを見てきました。

お守りだけの処分ならいろいろな方法があって、あなたの気持ちにしっくり合う方法を選ぶのがベストと言えます。

ただ家の片付け、断捨離をしている中で出てきたお守りの処分などの場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者ならお守りだけでなく、他の不用品も一緒に、一挙に片付きます。

不用品回収業者の中でも「粗大ゴミ回収本舗」がおすすめです。

「粗大ゴミ回収本舗」は、ゴミ屋敷の清掃業者として、各種メディアにも取り上げられている、信頼できる業者です。

小さなお守りから、ゴミ屋敷まで、遺品整理も任せられます。

まとまった不用品回収なら、軽トラックのせ放題定額プランが14800円です。

お電話で見積もりが可能なのもハードルが低いです。

電話一本で最短30分で現場に到着というスピード感もうれしいです。

 

不用品・粗大ゴミの回収は、プロに任せてスッキリ快適「粗大ゴミ回収本舗」なら、業界最安値保証ですから安心です。

>>>>>「粗大ゴミ回収本舗」への無料見積もり依頼はこちら!CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA