作業員待機中

02時39分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

クリスマスツリーは何ゴミで捨てる?おすすめの捨て方と費用相場

  • 処分

2023.10.26

2023.12.03

クリスマスツリーの処分方法について悩んでおられる方に、おすすめの捨て方をご紹介します。

日本で主流のプラスチック製のクリスマスツリーから、生木のクリスマスツリーまで、そしてオーナメントなどの捨て方もご説明します。

さらに、クリスマスツリーはいつから飾る?いつまで飾る?などのクリスマスツリーのトリビアもあわせてお読みください。

top transition banner

クリスマスツリーの捨て方5選

クリスマスツリーの捨て方5選

クリスマスツリーを処分するにはいくつかの方法があります。

クリスマスツリーの状態や大きさ、素材などに合わせた方法をお選びください。

 

不用品回収業者に依頼する

人間の背丈以上のクリスマスツリーは、飾っているときはとてもゴージャスですが、いざ捨てるとなると困ります。

日本で主流のプラスチック製のクリスマスツリーは、プラスチックだけでなく、さまざまな素材が組み合わさった複合素材でできています。

さらに、オーナメントやクリスマスライト(電飾)などが混ざっているので、捨てる際には分別が必要です。

不用品回収業者の場合、分別は必要ないので、そのままの状態で処分を依頼できるのでとてもかんたんです。

他の不用品と一緒に出して、諸経費込みのプランを利用すれば、費用を抑えることもできます。

 

大きなクリスマスツリーやオーナメントなどもまとめて処分できるおすすめ不用品回収業者はこちら!

関連記事

 

自治体の一般ゴミ・粗大ゴミで捨てる

クリスマスツリーの大きさによっては、自治体の一般ゴミ(可燃ゴミ、不燃ゴミ)や粗大ゴミとして出せます。

ただ、複合素材でできているクリスマスツリーですから、分別をする必要があります。

また、一般ゴミとして出す場合は、自治体のゴミ収集袋に入る大きさに切ったり、解体したりしなければなりません。

プラスチック素材は、自治体によって可燃ゴミか不燃ゴミかの違いがありますから、お住いの自治体にご確認ください。

クリスマスライトや陶器やガラスのオーナメントは不燃ゴミになります。

特に、薄いガラスでできた球体の物は、破損しないように新聞紙などでくるんで捨てるようにしましょう。

ちなみに、あの球体の正式名称は、「クーゲル(Kugel)」といい、ドイツ語で、「球」という意味です。

 

売る・譲渡する

状態がいいクリスマスツリーや古くてもヴィンテージもののクリスマスツリーなら、リサイクルショップなどで売れる場合もあります。

一般的なおもちゃ量販店などで売られているクリスマスツリーは、まず売れないと考えた方がいいでしょう。

さらに、クリスマスツリーは、季節商品なので、いつでも売れるわけではなく、クリスマス前の10~11月ごろだけに限られます。

収納箱やオーナメント、電飾などが揃っている必要もあります。

フリマアプリ・ネットオークションもリサイクルショップと同じで、未使用品などでない限り高い値段は期待できません。

 

寄付する

近くの保育園や養護施設などでクリスマスツリーの寄付を求めておられることもあります。

ただ、そんな機会は少ないと考えた方がいいでしょう。

クリスマスツリーだけでなく、オーナメントやクリスマスライトなどの寄付を募っている団体などがネット上で散見しますので、ご自身の判断でご寄贈ください。

その場合、送料等は、送る人が支払わなければなりません。

 

友人・知人に譲る

子どもたちが大きくなって、クリスマスツリーに見向きもしなくなったご家庭などでは、小さなお子さんがおられる友人・知人に譲られていもいいでしょう。

友人・知人に譲る場合、無理強いは禁止です。

先方が「譲ってもらえませんか?」と聞いてこられた時などに、「どうぞ」と差し上げるのがベストです。

自分の家のクリスマスツリーが不要になったから、捨てる代わりに譲るというような気持ちだと、もらった方もうれしくありません。

お気を付けください。

 

クリスマスツリーは何ゴミ?素材別の捨て方

クリスマスツリーは何ゴミ?素材別の捨て方

クリスマスツリーを捨てる場合、クリスマスツリーを分解し、素材別に処分しましょう。

それぞれの素材別の捨て方をご説明します。

 

プラスチック製のクリスマスツリー

日本で飾られているクリスマスツリーの大半は、プラスチック製のものです。

クリスマスが終わると片付けて、次の年にもまた飾り付けることができます。

捨てる際には、素材別に分解して、それぞれの素材にあった捨て方が必要です。

 

ツリー(枝や葉部分)

クリスマスツリーの葉の部分は、プラスチックです。

ブラスチックゴミは自治体によって、可燃ゴミ、プラスチックごみ、不燃ゴミと分別方法が異なります。

お住いの自治体の分別方法に従いましょう。

枝の部分の素材は、ブラスチックや木製の場合があります。

木製の場合は、可燃ゴミです。

ただし、一般ゴミの袋に入る大きさに切る必要があります。

折ると尖った先がゴミ袋から突き出して危険なので、注意が必要です。

 

真ん中の芯部分

中心の太い幹は、一見木製やプラスチックのように見えますが、芯部分に金属が入っているものが多いです。

調べてみて、金属が入っている場合は、不燃ゴミになります。

不燃ごみの袋に入る大きさにする必要がありますが、金属を切る道具がなければ、粗大ゴミとして出さなければなりません。

粗大ゴミとは、最大の辺又は径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものとされています(自治体によって多少異なる)。

 

オーナメント

オーナメントとは、クリスマスツリーを飾り付けるもののことです。

素材は多岐にわたります。

紙製のものからガラス製、陶器製、金属製、プラスチックなどいろいろです。

素材別に分別し、可燃ゴミ、不燃ゴミなど自治体の分別方法に従って捨てましょう。

ただし、ガラス製や陶器製などは、割れると危険ですので、新聞紙に包んだり、ゴミ袋に「割れものが入っています」などの注意書きが必要です。

 

クリスマスライト(電飾)

クリスマスツリーを煌めかせるクリスマスライトは、クリスマスツリーの必須アイテムです。

丁寧にクリスマスツリーから外します。

電球部分は割れやすいのでご注意ください。

電気コード(ケーブル)は、可燃ゴミとしては捨てられません。

ケーブルを燃やすと、有害ガスが発生する可能性があるからです。

必ず、不燃ゴミとして捨ててください。

長い場合は、束ねたり、切ったりして、不燃ゴミの袋に入る大きさにしてから捨てましょう。

 

電球の処分方法について、さらに知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

関連記事

 

生木のクリスマスツリー

外国映画などで、パパと一緒に森にクリスマスツリーになるモミの木を伐りに行くシーンがありますが、日本ではなかなか考えられません。

とはいえ、昨今のナチュラルブームで、鉢植えのモミの木をクリスマスツリーにするご家庭も増えています。

どのように処分するかご説明します。

 

生木

鉢植えのモミの木なら、そのまま育てれば、グリーンとして楽しめます。

鉢植えではなく、切ったモミの木の場合は、木材ですので、可燃ゴミとして捨てることができます。

ただ、大きさが可燃ゴミの袋以上の大きさのものはゴミ袋に入る大きさに切断する必要があります。

1m(自治体によっては高さ30cm、50㎝)以上の大きさの場合は、粗大ゴミとして出さなければなりません。

 

鉢植えの土は、一般ゴミとしても、粗大ゴミとしても自治体では回収してもらえません。

また、公園の植え込みなどに撒くことも違法です。

土は、プランターなどで再利用するか、処分したい場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

 

植木鉢

植木鉢には、陶器製やプラスチック製のものがあります。

陶器製の物は不燃ゴミとして処分しましょう。

ただし、割れものですから、収集の人がケガをしないように、新聞紙にくるむか、袋に割れものが入っている旨を書いた紙を貼って出しましょう。

ブラスチック製のものは、自治体のルールに従って処分してください。

 

クリスマスツリーはいつから飾る?いつまで飾る?

クリスマスツリーはいつから飾る?いつまで飾る?

クリスマスツリーの捨て方についてご説明してきましたが、少し処分方法とは離れて、クリスマスツリーを飾る期間についてご説明します。

キリスト教圏では、12月25日の4週前の日曜日から12月24日までを「アドベント(待降節)」といい、クリスマスツリーを飾り始めるのも、アドベントが始まるタイミング、つまり11月下旬からです。

では、片付けるタイミングはいつでしょうか?

日本では、12月25日のクリスマスが終わると、一気にお正月ムードに突入して、お家でも、ショッピングモールなどでもクリスマスツリーは片付けられます。

ただ、キリスト教では、1月6日は「エピファニー(公現祭)」といい、東方の博士たちがイエスのもとを訪れたとされる日で、ツリーなどのクリスマス飾りを片付けるのはこのタイミングです。

とはいえ、「郷に入っては郷に従え」で、日本では、クリスマスが終われば片付けるといいでしょう。

 

クリスマスツリーの処分費用相場

クリスマスツリーの処分方法別費用相場をまとめました。

費用相場を知っておくことは、いざ処分しようとするときの大いなる参考になります。

処分方法 費用相場
自治体の一般ゴミ 指定のゴミ袋代
自治体の粗大ゴミ 250~1,500円(クリスマスツリーの大きさや自治体によって異なる)
不用品回収業者に依頼 ※ゴミの量に応じて諸経費込みのプランの利用がおすすめ!
Sパック(1K/軽トラック程度):20,000~40,000円
Mパック(1DK/1.5tトラック程度):45,000~60,000円
Lパック(2DK/2tトラック程度):60,000~80,000円)
LLパック(3DK以上/4tトラック程度):80,000円~お見積り
※ クリスマスツリー単品での回収もあるが、諸経費がプラスされるので割高になる

料金だけでなく、使い勝手の良さなども考慮して処分方法を選択するといいでしょう。

 

クリスマスツリーと他の不用品をまとめて回収してもらう方法について、さらに知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

関連記事

 

クリスマスツリーの捨て方に迷ったら「粗大ゴミ回収本舗」へ!

クリスマスツリーの捨て方に迷ったら「粗大ゴミ回収本舗」へ!

https://sodaigomi-kaishu.com/

クリスマスツリーを処分する方法はいろいろありましたが、なかでも一押しの方法は、不用品回収業者に依頼する方法です。

不用品回収業者に依頼するなら、「粗大ゴミ回収本舗」がおすすめです。

クリスマスツリーの処分は、「不用品・粗大ゴミ回収はプロに任せてすっきり快適!」の粗大ゴミ回収本舗にお任せください。

粗大ゴミ回収本舗は、Sパック(1k/軽トラック程度)が9,800円と業界最安値をお約束しています。

クリスマスツリーの処分といっしょに、年末の大掃除で出た不用品を片付けて、すっきりとお正月を迎えましょう。

>>「粗大ゴミ回収本舗」への無料お見積りはこちら!

粗大ゴミ回収本舗
Average rating:  
 0 reviews

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 座間市 G様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      4tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県座間市

  • 川崎市 O様|不用品回収

    • 間取り

      3LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      10分

    • 作業場所

      神奈川県川崎市

  • 厚木市 O様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      4tトラック

    • 作業時間

      30分

    • 作業場所

      神奈川県厚木市

  • 横浜市 W様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      20分

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 台東区 A様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都台東区

  • 江戸川区 W様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      2tトラック箱

    • 作業時間

      25分

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 綾瀬市 M様|不用品回収

    • 間取り

      5LDK一軒家

    • 回収量

      2tトラック箱

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都綾瀬市

  • 世田谷区 E様|不用品回収

    • 間取り

      2Kマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      30分

    • 作業場所

      東京都世田谷区

作業事例をもっと見る

見積もり・相談受付中!!

対応エリア:東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER
  • 産業廃棄物収集運搬業許可証

  • 特定遺品整理士認定登録証

  • 事件現場特殊清掃士認定証

  • 古物商許可証

保有許可証一覧

先週は 749件 のお申し込みがありました。