最近ニュースやメディアでよく見かけるゴミ屋敷。

部屋の片付けなどを怠っているだけとイメージしがちですが、実は病気が関係している場合もあります。

「ゴミ屋敷になる人の特徴を知りたい。」

「ゴミ屋敷になる人と病気の関係性を知りたい。」

実際に、特徴や病気との関係性を理解しておくことで、適切な改善策を打つことができます。

当記事では、ゴミ屋敷になる特徴や病気との関係性を紹介します。

ゴミ屋敷になる人の特徴とは

ゴミ屋敷になる人の特徴とは

どんなに気を遣っていても、知らず知らずのうちにゴミ屋敷になってしまう方も多いはずです。

どのような人がゴミ屋敷にしてしまうのでしょうか?

実はゴミ屋敷にしてしまう人は以下のような特徴を持っています。

  • 片付ける時間が無い
  • ストレスが溜っている
  • モノに執着している

ここからは、具体的に解説していきます。

特徴1;片付ける時間が無い

ゴミ屋敷とは、主に部屋中にモノが散らかって整理整頓されていない状態のことを言います。

つまり、普段から部屋を片付ける時間を持てないほど忙しい方はゴミ屋敷になりやすいです。

例えば、「仕事から帰宅する時間が遅い」、「ゴミの収集日は家にいない」など、ゴミを捨てる準備が難しいので、自然と部屋にゴミが溜ってしまいます。

特徴2:ストレスが溜っている

仕事などでストレスを抱えている方もゴミ屋敷になりやすい特徴のひとつです。

抱えているストレスが大きいほど、日頃の疲労感を抱きやすくなり、休日でも掃除などを行うやる気がでてきません。

また、ストレスを解消するために無駄な買い物が増えてしまい、結果多くのモノが部屋に増えてしまいます。

さらに、商品を梱包している段ボールなども増えるので、自然とゴミ

も増えていきます。

つまり、ストレスがきっかけで多くのモノやゴミが増えるため、ゴミ屋敷になる原因になります。

特徴3:モノに執着している

ゴミ屋敷になる原因の根本は、モノを捨てられずに溜めこんでしまうことです。

そのため、モノに執着していることがゴミ屋敷になりやすい特徴とも言えます。

どんなモノでも手元に残したいという気持ちこそが、モノに溢れたゴミ屋敷を作ってしまいます。

ゴミ屋敷になるのは病気が関係している可能性も

ゴミ屋敷になるのは病気が関係している可能性も

ゴミ屋敷になってしまう方の中には、持病が原因の場合もあります。

以下のような病気をお持ちの場合は、ゴミ屋敷になる原因となっている可能性があります。

  • 強迫性貯蔵症(ホーディング)
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)
  • うつ病
  • セルフネグレクト
  • 統合失調症
  • 認知症

ここからは具体的に解説していきます。

強迫性貯蔵症(ホーディング)

強迫性貯蔵症(ホーディング)とは、極端にモノを溜めこんでしまう障がいです。

日本ではあまり聞き慣れませんが、アメリカでは何百万人もの人が強迫性貯蔵症を患っています。

よくワイドショーなどで見かける、家の敷地外まで不要物が溢れている屋敷の住人の大半は、強迫性貯蔵症なのではないかと言われています。

ADHD(注意欠落・多動性障害)

ADHDを患っている方は、整理整頓を苦手といわれています

その原因は、「じっとしてられない」、「集中力が続かない」からです。

ADHDかどうかの判断も非常に難しく、大人でもADHDに悩んでいる人が多いことが分かってきました。

うつ病

うつ病は、さまざまなストレスが原因で発症する精神病です。

うつ病を患った方は、外出を避けたり、無気力状態で何も考えられなくなります。

そのような状態では、なかなか部屋の整理をしようと思いませんし、無理矢理行っても、すぐに疲れてしまいます。

セルフネグレクト

セルフネグレクトは、自分自身を拒否する障がいです。

普通、人間は生きていくために食事をとったり、お風呂に入ったりと、意識しなくても最低限やらなければいけないことがあります。

しかし、セルフネグレクトの人は、これらの全てを意識的に拒否する気持ちが働き、結果的に何もできない状態になります。

重症化してしまうと、生命すら危ない状況に陥ります。

統合失調症

統合失調症は、かつて精神分裂症ともいわれていた障がいです。

症状は、会話や行動が支離滅裂になります。

片付けに関しても、ふとした時に別のことに意識がいってしまうため、なかなか集中して片付けを行うことができません。

認知症

認知症とは、脳の細胞が死滅していくことで、脳内の情報伝達が滞る障がいで、物忘れがひどくなります。

高齢の方に多いイメージがありますが、若い人でも発症する可能性があります。

認知症は、日常生活を困難にするため、片付けを行うのは少し難しいかもしれません。

ゴミ屋敷にしないための改善策

ゴミ屋敷にしないための改善策

ゴミ屋敷になってしまう原因はいくつもありますが、だからといって諦める必要はありません。

ゴミ屋敷にしないための改善策は、以下のようなものがあります。

  • ゴミ屋敷のリスクを理解する
  • 家族や友達に手伝ってもらう
  • 粗大ゴミ回収業者を利用する

ここからは具体的に解説していきます。

改善策1;ゴミ屋敷のリスクを理解する

ゴミ屋敷は、ただ部屋が散らかるというだけではありません。

他にも以下のようなリスクが発生します。

  • 悪臭や害虫の発生
  • 健康被害
  • 火災
  • 近隣トラブル
  • 住居への被害

上記の内ひとつでも発生すれば自宅に住むことが難しくなるほど重大なリスクになります。

しかも、ゴミ屋敷の場合は複数のリスクが同時に起こる可能性もあります。

だからこそ、ゴミ屋敷になることのリスクを客観的に理解することや、具体的に説明を受け理解してもらうことが改善策になります。

改善策2:家族や友人に手伝ってもらう

ゴミ屋敷になる要因のひとつに、1人ではしっかりと掃除ができないことが上げられます。

そこで、家族や友人など身近な人に手伝ってもらい、ゴミ屋敷の片付けを進めることも重要な改善策となります。

身近な人に手伝ってもらうことで、本人の集中力が切れても掃除を続けやすく、大人数で行うので、掃除を効率的に終わらせることができます。

ただし、持ち主の意見を聞かないで勝手に捨ててしまうと、後に大きなトラブルを生む原因になります。

ゴミ屋敷の片付けをて手伝う場合は、できる限り本人の意見を尊重しながら、掃除を進めていきましょう。

改善策3:粗大ゴミ回収業者を利用する

家族や友人に手伝ってもらっても掃除が終わらない場合や、誰にも部屋の状態を見られたくない場合は、粗大ゴミ回収業者に依頼することをおすすめします。

それなりの費用がかかってしまいますが、自分で片付ける負担は減りますし、確実に部屋のなかが綺麗になります。

また、増えてしまったゴミによるエアコンなどの掃除も、不用品回収業者に依頼することができます。

特に、カーペットや床などは、ゴミによる汚れが目立ちやすい部分でもあります。

しかし、自分でキレイにするのは難しい部分でもあります。

そのため、総合的にキレイにするのならば、不用品回収業者に依頼した方が、素早く手軽にゴミ屋敷を解決することができます。

まとめ

まとめ

今回はゴミ屋敷になる人の特徴や病気との関連性を紹介しました。

ゴミ屋敷になる原因には、時間的な余裕や気持ちだけでなく、病気が原因の可能性も考えられます。

特に、高齢になりゴミ屋敷になってしまう場合は、病気が関連している可能性が高くなります。

ゴミ屋敷は部屋の状態のみ気にしていますが、その原因に目を向けることでさまざまなことに気がつくきっかけともなります。

ゴミ屋敷の原因や理由にも注目しながら、適切な改善策を選びましょう。

そして自分の家がゴミ屋敷にならないためにも、客観的に状態を考えながら少しずつ掃除をしていきましょう。

粗大ゴミ回収本舗では、粗大ゴミの量に合わせた積み放題プランを選ぶことができます。

具体的な依頼料金は以下になります。

  • 軽トラックのせ放題プラン(1Kのお部屋の片付け向け):14,800円
  • 1.5tトラックのせ放題プラン(1DKの家具の片付け向け);34,800円
  • 2tトラックのせ放題プラン(2DKのお宅の片付け向け):54,800円
  • 4tトラックのせ放題プラン(3DK 以上の片付け向け);相談で値段決定

また当ホームページからご依頼いただくと、2,000円割引のクーポンを使うことができます。

現在ゴミ屋敷の片付けでお困りの方は、ぜひお問い合わせください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA